>   漢詩   >   唐詩選   >   巻七 七言絶句   >   聞白楽天左降江州司馬(元稹)

聞白楽天左降江州司馬(元稹)

聞白樂天左降江州司馬
白楽天はくらくてんこうしゅう司馬しばこうせられしを
元稹げんしん
  • 七言絶句。幢・江・窻(平声江韻)。
  • 『全唐詩』巻415所収。ウィキソース「聞樂天授江州司馬」参照。
  • 聞白樂天左降江州司馬 … 『全唐詩』では「楽天の江州司馬を授けられしを聞く」(聞樂天授江州司馬)に作る。
  • 白楽天 … 作者の親友、白居易のこと。楽天はあざな。書き下し文の「白楽天が」は「白楽天の」と読んでもよい。
  • 江州 … 今の江西省九江市。
  • 司馬 … 官名。軍事をつかさどった。ただし、唐代では閑職。
  • 左降 … 「左遷」と同じ。書き下し文の「左降せられしを」は「左降せらるるを」と読んでもよい。
  • 元稹 … 779~831。中唐の詩人。河南(河南省洛陽市)の人。あざな微之びし。元和元(806)年、進士に及第。白居易の親友で「元白」と併称された。伝奇小説『鶯々おうおうでん』、詩文集『元氏長慶集』六十巻がある。ウィキペディア【元シン】参照。
殘燈無焰影幢幢
残灯ざんとう ほのおく かげ幢幢どうどう
  • 残灯 … 消えかかったともしび
  • 無焔 … 明るい焔もあげず。
  • 影 … かげ
  • 幢幢 … ゆらゆらと揺れるさま。このように同じ漢字を重ねた熟語を「ちょうげん」または「じょう」という。なお、「幢幢」を「暗くかすかなさま」と解釈する説もある。
此夕聞君謫九江
ゆうべ きみきゅうこうたくせられしを
  • 此夕 … この物寂しい夜に。こんな心細い夜に。
  • 君 … 白楽天を指す。
  • 九江 … 江州の別名。今の江西省九江市。
  • 謫 … 罪によって遠方へ流される。たく貶謫へんたく。書き下し文の「謫せられしを」は「謫せらるるを」と読んでもよい。
垂死病中驚坐起
すい病中びょうちゅう おどろいて坐起ざきすれば
  • 垂死 … 死にかける。瀕死。「垂」はなんなんとする。今にも~しそうになる。
  • 病中 … 病床の身でありながら。
  • 驚坐起 … 驚きのあまり起き上がって、とこの上に坐り直すと。『全唐詩』には「一作仍悵望」とある。
暗風吹雨入寒窻
暗風あんぷう あめいて 寒窓かんそう
  • 暗風 … 暗やみを吹く夜風。
  • 雨 … 『全唐詩』には「一作面」とある。
  • 寒窓 … 寒々とした窓。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行