>   漢詩   >   歴代詩選:中唐   >   売炭翁(白居易)

売炭翁(白居易)

賣炭翁-苦宮市也
売炭ばいたんおうきゅうくるしむなり)
はくきょ
  • 〔出典〕 『白氏文集』巻四(『四部叢刊 初編集部』所収、通称:四部叢刊本・那波本)、『白氏文集』巻四(南宋紹興刊本、通称:紹興本)、『白氏文集』巻四(明馬元調校刊本、通称:馬本)、『白香山詩集』巻四(清汪立名編訂本、通称:汪本)、『全唐詩』巻四百二十七、『楽府詩集』巻九十九、他
  • 七言古詩。翁・中(平声東韻)/色・黑・食(入声職韻)/單・寒(平声寒韻)/雪・轍(入声屑韻)・歇(入声月韻)通押/誰・兒(平声支韻)/敕・北・得・直(入声職韻)、換韻。
  • ウィキソース「賣炭翁-苦官市也」参照。
  • 元和四(809)年、白居易三十八歳の作。「新楽府」五十首の第三十二首。
  • 売炭翁 … 「すみおきな」と読んでもよい。炭売りの老人。
  • 苦宮市也 … 題下の自注。宮中役人の横暴に苦しむ。「宮市」は、宮中の必要物資を調達する機関。宦官が任命され、安値で買い上げたり、時には強奪など、横暴のかぎりを尽くしたという。『那波本』『紹興本』『楽府詩集』にはこの句がない。
  • 宮 … 『全唐詩』では「官」に作り、「一作宮」とある。
  • 白居易 … 772~846。中唐の詩人。あざなは楽天、号は香山居士。貞元十六(800)年、進士に及第。翰林学士、左拾遺などを歴任後、江州(江西省九江)司馬に左遷された。のち中央に復帰し、最後は刑部尚書の肩書で退官した。詩風は平易を第一とした。詩文集『はくもんじゅう』は平安時代に我が国へ伝えられ、日本文学に多大な影響を与えた。ウィキペディア【白居易】参照。
賣炭翁
売炭ばいたんおう
  • 売炭翁 … 炭売りの爺さん。
伐薪燒炭南山中
たきぎすみく 南山なんざんうち
  • 南山 … 終南山。長安の南にある。
滿面塵灰煙火色
満面まんめん塵灰じんかい えんいろ
  • 満面 … 顔じゅう。
  • 塵灰 … ほこりや灰(をかぶって)。
  • 煙火色 … すすけた色。
兩鬢蒼蒼十指黑
りょうびん蒼蒼そうそう じっくろ
  • 両鬢 … 左右のびんの毛。「鬢」は耳のわきに生えている髪の毛。
  • 蒼蒼 … 白髪まじりの様子。
  • 十指黒 … 十本の指はまっ黒だ。
賣炭得錢何所營
すみぜにて なんいとなところ
  • 何所営 … いったいどうしようというのか。手に入れたお金をいったい何に使うのか。
身上衣裳口中食
しんじょうしょう こうちゅうしょく
  • 身上衣裳 … 身につける着物。
  • 口中食 … 口に入れる食べ物(を買うためである)。
可憐身上衣正單
あわれし しんじょう  まさひとえなり
  • 可憐 … 気の毒なことに。かわいそうに。
  • 憐 … 『那波本』『紹興本』では「怜」に作る。こちらも「あわれむ」と読む。
  • 正 … ほんとうに。まったく。まぎれもなく。確かに。
  • 単 … ひとの薄い着物。
心憂炭賤願天寒
こころすみやすきをうれえ てんさむきをねが
  • 賤 … 値段が安いこと。
  • 憂 … 恐れる。苦にする。
  • 願天寒 … もっと寒くならないかと願っている。
夜來城外一尺雪
らい じょうがい いっしゃくゆき
  • 夜来 … 昨夜以来。昨晩から。
  • 城外 … 町の外。長安の郊外。「外」は『全唐詩』では「上」に作る。
曉駕炭車輾冰轍
あかつき炭車たんしゃして ひょうてつ
  • 暁 … 明けがた。
  • 炭車 … 炭を積んだ荷車。
  • 駕 … 車に牛をつなぐこと。
  • 氷轍 … 凍りついた車輪の跡。凍ったわだち
  • 輾 … 車輪をゴロゴロところがす。
牛困人飢日已高
うしつかれ ひとえて すでたか
  • 困 … 疲れる。
  • 人 … 売炭翁を指す。
  • 飢 … 空腹。『馬本』では「饑」に作る。同義。
  • 日已高 … 太陽がもう高く昇っている。
市南門外泥中歇
南門なんもんそと でいちゅうやす
  • 市 … 市場。長安には東西二つの市場があった。
  • 泥中 … 雪解けのぬかるみ。泥んこ道。
  • 歇 … 一休みする。休憩する。
翩翩兩騎來是誰
翩翩へんぺんたるりょう きたるはたれ
  • 翩翩 … 馬が勢いよく駆けてくる様子。また、衣服が軽やかにひるがえる様子と解釈する説もある。
  • 両騎 … 二頭の騎馬。
  • 翩翩兩騎 … 『全唐詩』には「一作兩騎翩翩」とある。『汪本』では「兩騎翩翩」に作る。
  • 来是誰 … それはいったい誰かと見れば。
黃衣使者白衫兒
こう使しゃ 白衫はくさん
  • 黄衣使者 … 黄色い衣服を着た宮中の使者。宮市の係官である宦官が黄色い衣服を着ていたことを示す。
  • 白衫児 … 白いひとの上着を着た若者。宮市の係官である宦官の助手。「衫」は、ひと。「児」は、若者。
手把文書口稱敕
文書ぶんしょり くちちょくしょう
  • 文書 … 書きつけ。宮中からの命令書。
  • 把 … 持って。
  • 敕 … 勅命。皇帝の命令。「敕」は「勅」の異体字。『那波本』『紹興本』『楽府詩集』では「勑」に作る。
迴車叱牛牽向北
くるまめぐらし うししっし きてきたむかわしむ
  • 迴車 … 車の向きを変えさせて。
  • 迴 … 『馬本』では「廻」に作る。『楽府詩集』では「回」に作る。
  • 叱牛 … 牛をしっしっと追い立てて。
  • 牽向北 … 北の方へ向けてひっぱらせた。長安の北方に宮廷があったため。
一車炭重千餘斤
一車いっしゃすみおもさ せんきん
  • 一車 … 車いっぱいの。
  • 重 … 『那波本』『紹興本』『全唐詩』『楽府詩集』にはこの字がない。『全唐詩』には「炭」の後に「一本此下有重字」とある。
  • 斤 … 重さの単位。唐代の一斤は約六〇〇グラム。
宮使驅將惜不得
きゅう使て しみ
  • 宮使 … 宮中の役人。宮市使。
  • 宮 … 『馬本』『全唐詩』では「官」に作る。
  • 駆将 … 運べと追い立てる。「将」は、動詞の下に付けて、語調を整える助字。
  • 惜不得 … 惜しんでもどうにもならない。
半疋紅綃一丈綾
半疋はんびきこうしょう いちじょうあや
  • 半疋 … 反物たんもの二丈。約六メートル。「疋」は、織物を数える単位。一疋は、長さ四丈の反物。当時の一丈は、約三メートル。
  • 疋 … 『汪本』『全唐詩』では「匹」に作る。同義。
  • 紅綃 … 赤い薄絹。
  • 綃 … 『汪本』『紹興本』『全唐詩』『楽府詩集』では「紗」に作る。
  • 一丈 … 三メートル。
  • 綾 … あや絹。
繫向牛頭充炭直
ぎゅうとうけて すみあたい
  • 牛頭 … 牛の頭。
  • 繫 … 引っ掛ける。くくり付ける。
  • 炭直 … 炭の代金。炭の代価。炭の値段。「直」は「値」と同じ。
  • 充 … 当てろと言う。「充」は、充当する。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行