>   漢詩   >   歴代詩選:中唐   >   王昭君 其二(白居易)

王昭君 其二(白居易)

王昭君 其二
おうしょうくん
はくきょ     
  • 〔出典〕 『白氏文集』、『全唐詩』、他
  • 七言絶句。眉・時(平声支韻)。
  • 『全唐詩』巻437所収。ウィキソース「王昭君二首」参照。
  • 王昭君 其二 … 二首連作の第二首。『全唐詩』には題下に「時年十七」との注がある。王昭君は前漢の元帝に仕えた女官。昭君はあざな。楽府題の一つ。
  • 白居易 … 772~846。中唐の詩人。あざなは楽天、号は香山居士。貞元十六(800)年、進士に及第。翰林学士、左拾遺などを歴任後、江州(江西省九江)司馬に左遷された。のち中央に復帰し、最後は刑部尚書の肩書で退官した。詩風は平易を第一とした。詩文集『はくもんじゅう』は平安時代に我が国へ伝えられ、日本文学に多大な影響を与えた。ウィキペディア【白居易】参照。
漢使卻回憑寄語
かん使 きゃくかいするに りて
  • 漢使 … 漢の使者。
  • 却回 … ひき返す。
  • 憑 … 頼んで。
  • 寄語 … 伝言する。
黄金何日贖蛾眉
黄金おうごん いずれの蛾眉がびあがなわん
  • 蛾眉 … 美人のこと。王昭君を指す。
  • 贖 … 買い戻す。
君王若問妾顏色
君王くんおう しょうがんしょくわば
  • 君王 … 天子さま。前漢の元帝を指す。
  • 妾 … 女性が自分を謙遜していう言葉。わらわ。
  • 顔色 … かおいろ。容姿。
莫道不如宮裏時
なかれ きゅうときかずと
  • 莫道 … 言わないでください。
  • 宮裏 … 宮殿の中。「裏」は「~の中に」「~のうちに」の意。「うら」の意ではない。
  • 不如 … 及ばない。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行