>   漢詩   >   歴代詩選:中唐   >   八月十五日夜禁中独直対月憶元九(白居易)

八月十五日夜禁中独直対月憶元九(白居易)

八月十五日夜禁中獨直對月憶元九
八月はちがつじゅうにちよるきんちゅうひとちょくし、つきたいしてげんきゅうおも
はくきょ
  • 〔出典〕 『白氏文集』巻十四(『四部叢刊 初編集部』所収、通称:四部叢刊本・那波本)、『白氏文集』巻十四(南宋紹興刊本、通称:紹興本)、『白氏文集』巻十四(明馬元調校刊本、通称:馬本)、『白香山詩集』巻十四(清汪立名編訂本、通称:汪本)、『全唐詩』巻四百三十七、『文苑英華』巻百五十一、他
  • 七言律詩。沈・林・心・深・陰(平声侵韻)。
  • ウィキソース「八月十五日夜禁中獨直對月憶元九」参照。
  • 元和五(810)年、親友の元稹を思って詠んだ詩。白居易三十九歳の作。
  • 八月十五日夜 … 旧暦、仲秋の名月の夜。『文苑英華』では「八月十五夜」に作る。
  • 禁中 … 宮中。
  • 直 … 宿直する。
  • 憶 … 『全唐詩』には「一作寄」とある。『文苑英華』では「寄」に作る。
  • 元九 … 中唐の詩人、元稹(779~831)を指す。あざな微之びし。九は排行。このとき、江陵(湖北省江陵県)に左遷されていた。ウィキペディア【元シン】参照。
  • 白居易 … 772~846。中唐の詩人。あざなは楽天、号は香山居士。貞元十六(800)年、進士に及第。翰林学士、左拾遺などを歴任後、江州(江西省九江)司馬に左遷された。のち中央に復帰し、最後は刑部尚書の肩書で退官した。詩風は平易を第一とした。詩文集『はくもんじゅう』は平安時代に我が国へ伝えられ、日本文学に多大な影響を与えた。ウィキペディア【白居易】参照。
銀臺金闕夕沈沈
銀台ぎんだい 金闕きんけつ ゆう沈沈ちんちん
  • 銀台 … 「宮殿全体の美称・総称」とする説と、「宮殿の門の名、銀台門ないし、その北にあった翰林院」とする説との、二つに解釈が分かれる。
  • 金闕 … 天子の宮殿。「闕」は宮殿の門のこと。
  • 夕 … ここでは夜。夕方ではない。
  • 沈沈 … 夜が静かにふけてゆくさま。このように同じ漢字を重ねた熟語を「ちょうげん」または「じょう」という。
獨宿相思在翰林
どく宿しゅく あいおもうて 翰林かんりん
  • 独宿 … 独りで宿直する。
  • 相思 … 相手を思う。「相」は「互いに」という意味ではない。
  • 翰林 … 翰林院。詔勅等を司る役所。白居易は翰林学士であった。
三五夜中新月色
さんちゅう 新月しんげついろ
  • 三五夜 … 十五夜。
  • 新月 … 「空にのぼったばかりの月」とする説と、「中天にのぼった清新な輝きをもつ月」とする説との、二つに解釈が分かれる。
二千里外故人心
せんがい じんこころ
  • 二千里外 … 長安と江陵との距離を指す。
  • 故人 … 昔なじみの友人。元稹を指す。
渚宮東面煙波冷
しょきゅう東面とうめんは えんひややかに
  • 渚宮 … 江陵にある楚の宮殿の名。また、これを長安城中の実景とする説もある。
  • 煙波 … もやの立ちこめた水面。
浴殿西頭鐘漏深
浴殿よくでん西頭せいとうは しょうろうふか
  • 浴殿 … 翰林院のすぐそばにあった浴堂殿を指す。
  • 西頭 … 西のあたり。
  • 鐘漏 … 時を知らせる鐘と、漏刻(水時計)の音。
  • 鐘 … 『文苑英華』では「鍾」に作る。同義。
  • 深 … 夜がけていくことを表す。
猶恐清光不同見
おそる 清光せいこう おなじくざらんことを
  • 猶 … 「なお」と読み、「やはり」「それでもなお」と訳す。「猶」は「なお~のごとし」と読む再読文字であるが、ここでは再読しない。
  • 恐 … 心配だ。気にかかる。
  • 清光 … 澄み切った月の光。
  • 不同見 … 白居易が長安で見ている月は、江陵にいる元稹には同じように美しく見えないだろう。
江陵卑濕足秋陰
こうりょう湿しつにして しゅういん
  • 江陵 … 湖北省江陵県。一名、けいしゅう
  • 卑湿 … 地が低く、じめじめしている。
  • 濕 … 「湿」の旧字といわれているが本来は俗字。『全唐詩』では「溼」に作る。「溼」が本来の「湿」の旧字。
  • 秋陰 … 秋のくもり空。
  • 足 … ここでは、多い。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行