>   漢詩   >   歴代詩選:中唐   >   暮立(白居易)

暮立(白居易)

暮立
くれ
はくきょ
  • 〔出典〕 『白氏文集』巻十四(『四部叢刊 初編集部』所収、通称:四部叢刊本・那波本)、『白氏文集』巻十四(南宋紹興刊本、通称:紹興本)、『白氏文集』巻十四(明馬元調校刊本、通称:馬本)、『白香山詩集』巻十四(清汪立名編訂本、通称:汪本)、『全唐詩』巻四百三十七、他
  • 七言絶句。前・蟬・天(平声先韻)。
  • ウィキソース「暮立」参照。
  • 暮立 … 秋の夕暮れに一人たたずむ。白居易四十歳、母を亡くし、郷里のけい(陝西省なん)に帰って喪に服していたときの作。
  • 白居易 … 772~846。中唐の詩人。あざなは楽天、号は香山居士。貞元十六(800)年、進士に及第。翰林学士、左拾遺などを歴任後、江州(江西省九江)司馬に左遷された。のち中央に復帰し、最後は刑部尚書の肩書で退官した。詩風は平易を第一とした。詩文集『はくもんじゅう』は平安時代に我が国へ伝えられ、日本文学に多大な影響を与えた。ウィキペディア【白居易】参照。
黄昏獨立佛堂前
黄昏こうこん ひと仏堂ぶつどうまえ
  • 黄昏 … たそがれ。
  • 仏堂 … 寺院のお堂。
滿地槐花滿樹蟬
つるかい つるせみ
  • 満地 … 地面いっぱいを埋め尽くしている。
  • 槐花 … (舞い散った)えんじゅの花。
  • 満樹蟬 … 木々に蟬が鳴きしきる。
大抵四時心總苦
大抵たいていしい こころべてくるしけれど
  • 大抵 … おおよそ。おおむね。
  • 四時 … 「しいじ」と読む。「しじ」の延音。四季。春夏秋冬。
  • 総 … いつも。『那波本』では「揔」に作る。同義。
  • 苦 … つらく悲しい。
就中腸斷是秋天
就中なかんずく はらわたたれるは しゅうてん
  • 就中 … とりわけ。
  • 腸断 … はらわたがちぎれるほどに悲しい。「断腸」と同義。
  • 是 … ~である。
  • 秋天 … 秋の空。秋の時節。
余説
 この詩の転・結句は『和漢朗詠集』巻上、秋、秋興の部に引かれている。なお、『古今和歌集』の「いつはとは時はわかねど秋のよぞ物思ふことのかぎりなりける」(巻四、秋歌上)、「いつとても恋しからずはあらねども秋の夕べはあやしかりけり」(巻十一、恋歌一)などはこれに基づく。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行