>   漢詩   >   歴代詩選:古代   >   有女同車(『詩経』国風・鄭風)

有女同車(『詩経』国風・鄭風)

有女同車有女ゆうじょ同車どうしゃ
『詩経』国風・鄭風ていふう     
  • 〔出典〕 『毛詩』巻四(『四部叢刊 初編経部』所収)、『詩集伝』巻四(『四部叢刊 三編経部』所収)、他
  • 四言古詩。〔第一章〕車(kia)・華(hoa)・琚(kia)・都(ta)(魚部)。翔(ziang)・姜(kiang)(陽部)。〔第二章〕行(heang)・英(yang)・翔(ziang)・將(tsiang)・姜(kiang)・忘(miuang)(陽部)。※王力『詩経韵読』(上海古籍出版社、1980年)の《詩経》入韵字音表(111~145頁)および200頁参照。
  • ウィキソース「詩經/有女同車」参照。
  • この詩は、美しい女性と相乗りした喜びを歌ったもの。
  • 有女同車 … 「女有りて車を同じくす」と訓読できる。「有女」は、ある女性がいるの意。「同車」は同じ車に乗る。同乗する。相乗りする。
  • 詩経 … 中国最古の詩集。305編。孔子が編集したといわれる。風(諸国の民謡)・雅(宮廷の音楽)・しょう(祭礼の歌)の三部からなる。風は国風ともいい、周南・召南・はいよう・衛・王・鄭・斉・魏・唐・秦・陳・檜・曹・ひんの十五に分かれる。雅は大雅・小雅の二つに分かれる。頌は周頌・魯頌・商頌の三つに分かれる。五経の一つ。十三経の一つ。『毛詩』『詩』ともいう。ウィキペディア【詩経】参照。
〔第一章〕
有女同車
むすめり くるまおなじくす
  • 女 … 「おんな」と読んでもよい。
顏如蕣華
かんばせ しゅんごと
  • 顔 … 「かお」と読んでもよい。
  • 蕣華 … ムクゲの花。「蕣」は木槿むくげ。アオイ科の落葉低木。「蕣英」「蕣栄」も同じ。「蕣」は「舜」に作るテキストもある。ウィキペディア【ムクゲ】参照。
將翺將翔
こうしょう
  • 将 … 「はた」と読む。語調を整える助辞。
  • 翺翔 … 本来は鳥が高く自由に飛びまわる意。ここでは、車を軽やかに駆けめぐらすこと。
佩玉瓊琚
佩玉はいぎょく瓊琚けいきょ
  • 佩玉 … 「びしたま」と読んでもよい。腰にさげた飾り玉。
  • 瓊琚 … 美しい玉。
彼美孟姜
なるもうきょう
  • 孟姜 … せい国のきょう家の長女。「孟」は長女。「姜」は姓。ここでは、特定の女性ではなく、美しい女性の意。
洵美且都
まことにしてなり
  • 洵 … 「まこと」と読み、「まことに」「まったく」「ほんとうに」と訳す。
  • 都 … しとやか。みやびやか。都会的。あか抜けしている。
〔第二章〕
有女同行
むすめり こうおなじくす
  • 同行 … いっしょに行く。「行」は道を行くこと。
顏如蕣英
かんばせ しゅんえいごと
  • 蕣英 … 「蕣華」と同じ。
將翺將翔
こうしょう
佩玉將將
佩玉はいぎょく将将しょうしょうたり
  • 将将 … 玉が触れ合って鳴る音の形容。
彼美孟姜
なるもうきょう
德音不忘
徳音とくいん わすられず
  • 徳音 … 愛情のこもった言葉。優しい言葉。
  • 不忘 … 忘れられない。
余説
  • 朱熹『詩集伝』に「此れ疑うらくは亦淫奔いんぽんの詩」(此疑亦淫奔之詩)とある。「淫奔」は本来、男女関係において、ふしだらなことの意であるが、当時と現代との恋愛観・結婚観には大きな懸隔がある。従ってここでいう「淫奔の詩」とは、現代的感覚で言えば単に「男女の恋愛の詩」程度の意であろう。
  • 同車 … 毛亨もうこう『毛伝』に「親迎して同車するなり」(親迎同車也)とある。「親迎」は新郎が新婦を車で迎えに行くこと。
  • 蕣華 … 『毛伝』に「蕣は木槿なり」(蕣木槿也)とある。『集伝』に「蕣は木槿なり。樹はすももの如く、其の華は朝に生じて暮に落つ」(蕣木槿也。樹如李。其華朝生暮落)とある。
  • 佩玉 … 『毛伝』に「佩に琚瑀有り、以て間に納るる所」(佩有琚瑀。所以納閒)とある。
  • 孟姜 … 『毛伝』に「孟姜は斉の長女」(孟姜齊之長女)とある。『集伝』に「孟はあざな、姜は姓」(孟字。姜姓)とある。
  • 洵 … 鄭玄『鄭箋』に「洵はまことなり」(洵信也)とある。『集伝』に「洵は信」(洵信)とある。
  • 都 … 『毛伝』に「都は閑なり」(都閑也)とある。『集伝』に「都は閑雅なり」(都閑雅也)とある。
  • 同行 … 『毛伝』に「行は道を行くなり」(行行道也)とある。
  • 蕣英 … 『毛伝』および『集伝』に「英はお華のごときなり」(英猶華也)とある。
  • 将将 … 『毛伝』に「将将は玉を鳴らして後に行く」(將將鳴玉而後行)とある。『集伝』に「将将は声なり」(將將聲也)とある。
  • 徳音 … 『集伝』に「徳音忘られずは、其の賢なるを言うなり」(德音不忘。言其賢也)とある。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行