>   漢詩   >   歴代詩選:古代   >   子衿(『詩経』国風・鄭風)

子衿(『詩経』国風・鄭風)

子衿
きん
『詩経』国風・鄭風ていふう
  • 〔出典〕 『毛詩』巻四(『四部叢刊 初編経部』所収)、『詩集伝』巻四(『四部叢刊 三編経部』所収)、他
  • 雑言古詩。〔第一章〕衿(kiəm)・心(siəm)・音(iəm)(侵部)。〔第二章〕佩(buə)・思(siə)・來(lə)(之部)。〔第三章〕達(that)・闕(khiuat)・月(ngiuat)(月部)。※王力『詩経韵読』(上海古籍出版社、1980年)の《詩経》入韵字音表(111~145頁)および203~204頁参照。
  • ウィキソース「詩經/子衿」参照。
  • この詩は、会いに来てくれない男性を思い続ける女性の歌(諸説あり)。
  • 子衿 … あなたのえり。「子」は成人した男子に対する敬称。あなた。
  • 詩経 … 中国最古の詩集。305編。孔子が編集したといわれる。風(諸国の民謡)・雅(宮廷の音楽)・しょう(祭礼の歌)の三部からなる。風は国風ともいい、周南・召南・はいよう・衛・王・鄭・斉・魏・唐・秦・陳・檜・曹・ひんの十五に分かれる。雅は大雅・小雅の二つに分かれる。頌は周頌・魯頌・商頌の三つに分かれる。五経の一つ。十三経の一つ。『毛詩』『詩』ともいう。ウィキペディア【詩経】参照。
〔第一章〕
靑靑子衿
青青せいせいたるえり
  • 青青 … 青々とした。
  • 子衿 … あなたのえり
悠悠我心
悠悠ゆうゆうたるこころ
  • 悠悠我心 … あなたを慕う私の思いは尽きない。「悠悠」はここでは、思いがいつまでも続くさま。
縱我不往
たとわれかずとも
  • 縦 … 「たとい~とも」と読み、「たとえ~であっても」「仮に~でも」「万が一~でも」と訳す。逆接の仮定条件の意を示す。「縦令」「縦使」も同じ。
  • 不往 … 行かずとも。行かないからといって。
子寧不嗣音
 なんいんがざる
  • 寧 … 「なんぞ」と読み、「どうして」と訳す。
  • 嗣音 … 「嗣」は継ぐ。「音」と音信。連絡を寄こすこと。
〔第二章〕
靑靑子佩
青青せいせいたるはい
  • 佩 … 腰につける帯び玉。佩玉。
悠悠我思
悠悠ゆうゆうたるおも
縱我不往
たとわれかずとも
子寧不來
 なんきたらざる
  • 子寧不来 … あなたはなぜ来てくださらないの。
〔第三章〕
挑兮達兮
とうたりたつたり
  • 挑兮達兮 … 「挑達とうたつ」を分割した言い方。「挑達」は行ったり来たりして、あっちこっち人を探し回るさま。または、飛んだり跳ねたり、軽やかに舞ったりするさま。「兮」は調子を整える助字。
在城闕兮
じょうけつ
  • 城闕 … 物見台のある城門。
一日不見
一日いちじつざれば
  • 一日不見 … たった一日会わないでも。
如三月兮
三月さんげつごと
  • 三月 … つき。三ヶ月。
余説
  • 子衿 … 詩序に「子衿は、学校の廃するをそしるなり。世乱るれば則ち学校修まらず」(子衿。刺學校廢也。世亂則學校不脩焉)とある。朱熹『詩集伝』に「此れ亦淫奔いんぽんの詩」(此亦淫奔之詩)とある。「淫奔」は本来、男女関係において、ふしだらなことの意であるが、当時と現代との恋愛観・結婚観には大きな懸隔がある。従ってここでいう「淫奔の詩」とは、現代的感覚で言えば単に「男女の恋愛の詩」程度の意であろう。
  • 青青子衿 … 毛亨もうこう『毛伝』に「青衿は青きりょうなり。学子の服する所」(青衿青領也。學子之所服)とある。「領」は、えり。鄭玄『鄭箋』に「礼に父母いませば、衣の純は青を以てす」(禮父母在衣純以青)とある。「純」はふちをとること。『集伝』に「青青は純縁の色。父母をそなうれば、衣の純は青を以てす。子は男子なり。衿は領なり」(青青純縁之色。具父母衣純以青。子男子也。衿領也)とある。
  • 悠悠 … 『集伝』に「悠悠は思の長きなり」(悠悠思之長也)とある。
  • 嗣音 … 『毛伝』に「嗣は習うなり。いにしえは教うるに詩と楽とを以てし、之を誦し之を歌い之を絃し之を舞う」(嗣習也。古者教以詩樂。誦之歌之。絃之舞之)とある。『鄭箋』に「嗣は続なり」(嗣續也)とある。『集伝』に「いんは其の声問を継続するなり」(嗣音繼續其聲問也)とある。
  • 青青子佩 … 『毛伝』に「佩は佩玉なり。士は瓀珉ぜんびんびて青きじゅ」(佩佩玉也。士佩瓀珉而靑組綬)とある。「瓀珉」は玉に似て美しい石。「組綬」は官印を腰につるす組紐。『集伝』に「青青は組綬の色。佩は佩玉なり」(靑靑組綬之色。佩佩玉也)とある。
  • 不来 … 『毛伝』に「来たらずは、一たびも来たらざるを言うなり」(不來者。言不一來也)とある。
  • 挑兮達兮 … 『毛伝』に「挑達とうたつは往来してあい見るのかたち」(挑達往來相見貌)とある。『鄭箋』に「国乱れて人は学業を廃し、但だ好んで高きに登りて、城闕を見、候望こうぼうを以て楽しみと為す」(國亂人廢學業。但好登高。見於城闕。以候望爲樂)とある。「候望」はうかがい望むこと。『集伝』に「とう軽儇けいけん跳躍のかたち。達はほうなり」(挑輕儇跳躍之貌。達放恣也)とある。「軽儇」は身軽。「放恣」は気まま。
  • 在城闕兮 … 『毛伝』に「城に乗りて闕を見る」(乘城而見闕)とある。
  • 一日不見。如三月兮 … 『毛伝』に「言うこころは、礼楽の一日も廃す可からず」(言禮樂不可一日而廢)とある。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行