>   漢詩   >   歴代詩選:古代   >   陟岵(『詩経』国風・魏風)

陟岵(『詩経』国風・魏風)

陟岵ちょく
『詩経』国風・魏風     
  • 〔出典〕 『毛詩』巻五(『四部叢刊 初編経部』所収)、『詩集伝』巻五(『四部叢刊 三編経部』所収)、他
  • 雑言古詩。〔第一章〕岵(ha)・父(biua)(魚部)。子(tziə)・已(jiə)・止(tjiə)(之部)。〔第二章〕屺(khiə)・母(mə)(之部)。季(kiuet)・寐(muət)・棄(khiet)(質物合韻)。〔第三章〕岡(kang)・兄(xyuang)(陽部)。弟(dyei)・偕(kei)・死(siei)(脂部)。※王力『詩経韵読』(上海古籍出版社、1980年)の《詩経》入韵字音表(111~145頁)および215頁参照。
  • ウィキソース「詩經/陟岵」参照。
  • この詩は出征兵士が故郷にいる父・母・兄を思う歌。
  • 陟岵 … 険しい岩山に登る。「陟」は登ること。「岵」は岩山。草木の茂っていない山。禿はげ山。
  • 詩経 … 中国最古の詩集。305編。孔子が編集したといわれる。風(諸国の民謡)・雅(宮廷の音楽)・しょう(祭礼の歌)の三部からなる。風は国風ともいい、周南・召南・はいよう・衛・王・鄭・斉・魏・唐・秦・陳・檜・曹・ひんの十五に分かれる。雅は大雅・小雅の二つに分かれる。頌は周頌・魯頌・商頌の三つに分かれる。五経の一つ。十三経の一つ。『毛詩』『詩』ともいう。ウィキペディア【詩経】参照。
〔第一章〕
陟彼岵兮
のぼりて
  • 彼 … あの。
  • 岵 … 草木の茂っていない山。岩山。禿はげ山。
  • 陟 … 登ること。
  • 兮 … 語調を整える助字。訓読では普通読まない。
瞻望父兮
ちち瞻望せんぼう
  • 瞻望 … はるか遠くを仰ぎ見る。ここでは、父のいる方を眺めやること。
父曰嗟予子
ちちわん ああ 
  • 嗟 … ああ。感嘆・嘆息するときの言葉。
  • 予子 … 我が子よ。「」と読んでもよい。
行役夙夜無已
えききてはしゅくむことからん
  • 行役 … ここでは戦争に行くこと。
  • 夙夜 … 朝から夜まで。
  • 無已 … 休む暇もないだろう。
上愼旃哉
こいねがわくはこれつつしめよ
  • 上 … 「こいねがわくは」と読む。願わくは。「こいねがわくは」(庶幾こいねがわくは)と同じ。
  • 旃 … 「これ」と読む。「之」と同じ。
  • 慎 … 気をつけよ。注意せよ。
  • 哉 … ここでは「かな」とは読まず、「よ」と読み、「~しなさい」と訳す。励ましや命令の意を示す。
猶來無止
きたれ とどまることかれ
  • 猶 … そして、その上に。または、どうか、くれぐれも。
  • 来 … 帰っておいで。
  • 無止 … 行ったきりになるなよ。戦場に止まるな。
〔第二章〕
陟彼屺兮
のぼりて
  • 屺 … 草木の茂った山。
瞻望母兮
はは瞻望せんぼう
母曰嗟予季
ははわん ああ 
  • 季 … 末っ子。
行役夙夜無寐
えききてはしゅくぬることからん
  • 無寐 … 寝る暇もないだろう。
上愼旃哉
こいねがわくはこれつつしめよ
猶來無棄
きたれ てらるることかれ
  • 無棄 … 死んで(遺骸を)捨てられることがないように。
〔第三章〕
陟彼岡兮
おかのぼりて
  • 岡 … 山の尾根。
瞻望兄兮
あに瞻望せんぼう
兄曰嗟予弟
あにわん ああ おとうと
行役夙夜必偕
えききてはしゅくかならともにせよ
  • 偕 … 仲間といっしょにいること。
上愼旃哉
こいねがわくはこれつつしめよ
猶來無死
きたれ することかれ
  • 無死 … 死んではならんぞ。
余説
  • 岵 … 毛亨もうこう『毛伝』に「山に草木無きを岵と曰う」(山無艸木曰岵)とある。
  • 夙夜 … 鄭玄『鄭箋』に「夙は早、夜は莫(暮)なり」(夙早夜莫也)とある。
  • 無已 … 『鄭箋』に「無已は解倦すること無かれ」(無已無解倦)とある。
  • 上 … 『鄭箋』に「上は軍事に在りて部列を作すの時を謂う」(上者謂在軍事作部列時)とある。朱熹『詩集伝』に「上は猶お尚のごときなり」(上猶尚也)とある。
  • 猶 … 『毛伝』に「猶は可なり」(猶可也)とある。
  • 猶來無止 … 『集伝』に「猶お以て来り帰り、彼に止まりて来らざること無かる可きなり」(猶可以來歸、無止於彼而不來也)とある。
  • 屺 … 『毛伝』に「山に草木有るを屺と曰う」(山有艸木曰屺)とある。
  • 季 … 『毛伝』および『集伝』に「季は少子なり」(季少子也)とある。「少子」は末っ子。また、『集伝』に「尤も少子を憐愛するは、婦人の情なり」(尤憐愛少子者、婦人之情也)とある。
  • 無寐 … 『毛伝』に「無寐は寐ぬるをこのむ無きなり」(無寐無耆寐也)とある。
  • 棄 … 『集伝』に「棄は死んで其のしかばねを棄てらるるを謂うなり」(棄謂死而棄其尸也)とある。
  • 岡 … 『集伝』に「山の脊を岡と曰う」(山脊曰岡)とある。
  • 偕 … 『毛伝』に「偕は俱なり」(偕俱也)とある。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行