>   漢詩   >   歴代詩選:古代   >   凱風(『詩経』国風・邶風)

凱風(『詩経』国風・邶風)

凱風
凱風がいふう
『詩経』国風・邶風はいふう
  • 〔出典〕 『毛詩』巻二(『四部叢刊 初編経部』所収)、『詩集伝』巻二(『四部叢刊 三編経部』所収)、他
  • 四言古詩。〔第一章〕南(nəm)・心(siəm)(侵部)。夭(iô)・勞(lô)(宵部)。〔第二章〕薪(sien)・人(njien)(真部)。〔第三章〕下(hea)・苦(kha)(魚部)。〔第四章〕音(iəm)・心(siəm)(侵部)。※王力『詩経韵読』(上海古籍出版社、1980年)の《詩経》入韵字音表(111~145頁)および164頁参照。
  • ウィキソース「詩經/凱風」参照。
  • この詩は苦労して育ててくれた母親に対し、親孝行できていない子どもたちの心苦しい気持ちを述べた歌。なお、七人の子がありながら、再婚しようとする母親を子どもたちが諫める歌とする説もあるが、ここでは採らない。
  • 凱風 … 南風。そよ風。
  • 詩経 … 中国最古の詩集。305編。孔子が編集したといわれる。風(諸国の民謡)・雅(宮廷の音楽)・しょう(祭礼の歌)の三部からなる。風は国風ともいい、周南・召南・はいよう・衛・王・鄭・斉・魏・唐・秦・陳・檜・曹・ひんの十五に分かれる。雅は大雅・小雅の二つに分かれる。頌は周頌・魯頌・商頌の三つに分かれる。五経の一つ。十三経の一つ。『毛詩』『詩』ともいう。ウィキペディア【詩経】参照。
〔第一章〕
凱風自南
凱風がいふう みなみよりし
  • 凱風 … 南風。そよ風。
  • 自南 … 南から吹いてきて。
  • 自 … 「より」と読み、「~から」と訳す。時間・場所などの起点を示す。
吹彼棘心
きょくしん
  • 彼 … 語調を整えるための言葉なので、訳さなくてもよい。
  • 棘心 … いばらの木の芽。ここでは、育てるのに苦労する幼い子どもに喩えている。
棘心夭夭
きょくしん 夭夭ようようたり
  • 夭夭 … 若々しい様子。
母氏劬勞
母氏ぼし ろう
  • 母氏 … 母親。
  • 劬労 … 働いて疲れること。苦労。
〔第二章〕
凱風自南
凱風がいふう みなみよりし
吹彼棘薪
きょくしん
  • 棘薪 … いばらの木のみき。ここでは、子どもが成長してきたことに喩えている。
母氏聖善
母氏ぼし 聖善せいぜんなるに
  • 聖善 … すぐれて立派な人。
我無令人
われ令人れいじん
  • 我 … 自分たち。子どもたち。
  • 令人 … 立派な人。ここでは、よい子ども。役立つ子ども。
〔第三章〕
爰有寒泉
ここ寒泉かんせん
  • 爰 … 「ここに」と読むが、これも語調を整えるための言葉なので、訳さなくてもよい。
  • 寒泉 … 冷たい泉。
在浚之下
しゅんもと
  • 浚 … 町の名。今の河南省濮陽ぼくよう県にあった。
  • 下 … 低い所。
有子七人
り 七人しちにん
母氏勞苦
母氏ぼし ろう
  • 労苦 … 苦労する。苦労をかけている。
〔第四章〕
睍睆黃鳥
睍睆けんかんたるこうちょう
  • 睍睆 … 容姿の美しいさま。または、声の清らかなさま。
  • 黄鳥 … 高麗うぐいす。ウィキペディア【コウライウグイス】参照。
載好其音
すなわおとくす
  • 載 … 「すなわち」と読み、「そこで」「すなわちそれは」「そのうぐいすは」と訳す。
  • 好其音 … よい声で鳴いている。
有子七人
り 七人しちにん
莫慰母心
ははこころなぐさむる
  • 莫 … 「無」と同じ。
余説
  • 凱風 … 毛亨もうこう『毛伝』に「南風は之を凱風と謂う。夏の長養を楽しむなり」(南風謂之凱風。樂夏之長養)とある。朱熹『詩集伝』に「南風は之を凱風と謂う。万物を長養する者なり」(南風謂之凱風。長養萬物者也)とある。
  • 棘 … 『毛伝』に「棘は長養し難き者」(棘難長養者)とある。鄭玄『鄭箋』に「棘は七子を喩うるなり」(棘喩七子也)とある。『集伝』に「棘は小木叢生し、とげ多く長じ難し」(棘小木叢生、多刺難長)とある。
  • 夭夭 … 『毛伝』に「夭夭は盛んなる貌」(夭夭盛貌)とある。『集伝』に「夭夭はわかく好き貌」(夭夭少好貌)とある。
  • 劬労 … 『毛伝』および『集伝』に「劬勞は病苦なり」(劬勞病苦也)とある。
  • 棘薪 … 『毛伝』に「棘薪は其の成就せる者」(棘薪其成就者)とある。
  • 聖 … 『毛伝』に「聖は叡なり」(聖叡也)とある。
  • 令 … 『鄭箋』に「令は善なり」(令善也)とある。
  • 浚 … 『毛伝』に「浚は衛の邑なり。浚の下に在り。浚に益有るを言う」(浚衞邑也。在浚之下。言有益於浚)とある。
  • 睍睆 … 『毛伝』に「睍睆は好き貌」(睍睆好貌)とある。
  • 慰 … 『毛伝』に「慰は安んずるなり」(慰安也)とある。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行