>   漢詩   >   歴代詩選:古代   >   風雨(『詩経』国風・鄭風)

風雨(『詩経』国風・鄭風)

風雨
ふう
『詩経』国風・鄭風ていふう
  • 〔出典〕 『毛詩』巻四(『四部叢刊 初編経部』所収)、『詩集伝』巻四(『四部叢刊 三編経部』所収)、他
  • 四言古詩。〔第一章〕淒(tsyei)・喈(kei)・夷(jiei)(脂部)。〔第二章〕瀟(syu)・膠(keu)・瘳(thiu)(幽部)。〔第三章〕晦(xuə)・已(jiə)・子(tziə)・喜(xiə)(之部)。※王力『詩経韵読』(上海古籍出版社、1980年)の《詩経》入韵字音表(111~145頁)および203頁参照。
  • ウィキソース「詩經/風雨」参照。
  • この詩は、女性が男性に会えた喜びを詠った恋愛の歌。
  • 風雨 … 風や雨。雨風あめかぜ
  • 詩経 … 中国最古の詩集。305編。孔子が編集したといわれる。風(諸国の民謡)・雅(宮廷の音楽)・しょう(祭礼の歌)の三部からなる。風は国風ともいい、周南・召南・はいよう・衛・王・鄭・斉・魏・唐・秦・陳・檜・曹・ひんの十五に分かれる。雅は大雅・小雅の二つに分かれる。頌は周頌・魯頌・商頌の三つに分かれる。五経の一つ。十三経の一つ。『毛詩』『詩』ともいう。ウィキペディア【詩経】参照。
〔第一章〕
風雨淒淒
ふう 淒淒せいせいたり
  • 淒淒 … 冷たい風が吹き、雨が降りしきるさま。「淒」は「凄」と同じ。
雞鳴喈喈
鶏鳴けいめい 喈喈かいかいたり
  • 鶏鳴 … にわとりの鳴き声。
  • 喈喈 … 多くの鳥の一斉に鳴く声の形容。
既見君子
すでくん
  • 既見君子 … こうしてあなたにお会いできて。「君子」は女性の逢引き相手の男性。
云胡不夷
云胡なんたいらかならざらん
  • 云胡 … どうして。反語の意を示す。「云胡いかんぞ」「ここなんぞ」と読んでもよい。「胡」は「何」と同じ。
  • 夷 … 心のわだかまりが取れて、安らかな気持ちになる。
〔第二章〕
風雨瀟瀟
ふう 瀟瀟しょうしょうたり
  • 瀟瀟 … 風雨の激しいさま。
雞鳴膠膠
鶏鳴けいめい 膠膠こうこうたり
  • 膠膠 … 鶏が入り乱れて鳴き交わすさま。
既見君子
すでくん
云胡不瘳
云胡なんえざらん
  • 瘳 … 病気が治る。ここでは、憂鬱な気分がなくなる。
〔第三章〕
風雨如晦
ふう かいごと
  • 晦 … 暗闇。
雞鳴不已
鶏鳴けいめい 已まず
  • 不已 … 鳴きやまない。
既見君子
すでくん
云胡不喜
云胡なんよろこばざらん
  • 云胡不喜 … どうして喜ばずにいられましょう。
余説
  • 詩序に「風雨は、君子を思うなり。乱世には則ち君子の其の度を改めざるを思う」(風雨。思君子也。亂世則思君子不改其度焉)とある。朱熹『詩集伝』に「淫奔いんぽんの女、此の時に当たり、其の期する所の人を見て心よろこぶを言うなり」(淫奔之女言當此之時。見其所期之人而心悅也)とある。「淫奔之女」は本来「ふしだらな女」の意であるが、ここでは「恋する女」程度の意。
  • 淒淒 … 『集伝』に「淒淒せいせいは寒凉の気」(凄凄寒凉之氣)とある。
  • 喈喈 … 『集伝』に「喈喈かいかいは鶏鳴の声」(喈喈雞鳴之聲)とある。
  • 風雨淒淒 雞鳴喈喈 … 毛亨もうこう『毛伝』に「風且つ雨淒淒然たるに、鶏は猶お時を守りて鳴くこと喈喈然たり」(風且雨淒淒然。雞猶守時而鳴喈喈然)とある。
  • 君子 … 『集伝』に「君子は期する所の男子を指すなり」(君子指所期之男子也)とある。
  • 云胡 … 『毛伝』に「胡は何」(胡何)とある。
  • 夷 … 『毛伝』に「夷はよろこぶなり」(夷說也)とある。『集伝』に「夷はたいらぐなり」(夷平也)とある。
  • 瀟瀟 … 『毛伝』に「瀟瀟しょうしょう暴疾ぼうしつなり」(瀟瀟暴疾也)とある。「暴疾」は荒々しくて速いこと。『集伝』に「瀟瀟しょうしょうは風雨の声」(瀟瀟風雨之聲)とある。
  • 瀟瀟 … 『毛伝』および『集伝』に「膠膠こうこうは猶お喈喈かいかいのごときなり」(膠膠猶喈喈也)とある。
  • 瘳 … 『毛伝』に「瘳はゆるなり」(瘳愈也)とある。『集伝』に「瘳は病のゆるなり。言うこころは積もる思いの病、此に至りてゆるなり」(瘳病愈也。言積思之病至此而愈也)とある。
  • 晦 … 『毛伝』および『集伝』に「晦はくらきなり」(晦昏也)とある。
  • 已 … 鄭玄『鄭箋』および『集伝』に「已は止むなり」(已止也)とある。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行