>   故事成語   >   は行   >   人の患いは好んで人の師となるにあり

人の患いは好んで人の師となるにあり

ひとうれいはこのんでひととなるにあり
  • 出典:『孟子』離婁章句上
  • 解釈:人の患いは、偉くもないのに自分から好んで人の師となろうとしたがることである。
孟子曰、人之患、在好爲人師
孟子もうしいわく、ひとうれいは、このんでひとるにり。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ