>   故事成語   >   か行   >   五十歩百歩

五十歩百歩

五十歩ごじっぽ百歩ひゃっぽ
  • 出典:『孟子』梁恵王上
  • 解釈:少しの違いはあっても本質的にはほとんど同じであること。たいした違いがないこと。
孟子對曰、王好戰。請以戰喩。塡然鼓之、兵刃既接。棄甲曳兵而走。或百歩而後止、或五十歩而後止。以五十歩笑百歩、則何如。
孟子もうしこたえていわく、王たたかいをこのむ。たたかいをもったとえん。塡然てんぜんとしてこれし、兵刃へいじんすでせっす。こうへいいてはしる。あるいは百歩ひゃっぽにしてのちとどまり、あるいは五十歩ごじっぽにしてのちとどまる。五十歩ごじっぽもっ百歩ひゃっぽわらわば、すなわ何如いかん、と。
  • 塡然 … ドンドンと太鼓を打つ音の形容。
  • 兵刃 … 武器。
  • 甲 … よろい。
曰、不可。直不百歩耳、是亦走也。
いわく、不可ふかなり。ただ百歩ひゃっぽならざるのみ、はしるなり、と。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ