>   故事成語   >   あ行   >   曰く言い難し

曰く言い難し

いわがた
  • 出典:『孟子』公孫丑上
  • 解釈:複雑な事情があって、言葉では何とも言いようがない。
敢問、何謂浩然之氣。曰、難言也。其爲氣也、至大至剛、以直養而無害、則塞于天地之閒。
あえう、なにをか浩然こうぜんう、と。いわく、がたきなり。たるや、至大しだい至剛しごうちょくもっやしなうてがいすることければ、すなわ天地てんちあいだふさがる。
  • 浩然之気 … 天地の間に充満している非常に大きく強い気のこと。「浩然の気」参照。
  • 至大至剛 … 非常に大きくて、このうえなく強い。
あ行 か行 さ行
た行 な行 は行
ま行 や行 ら行・わ