>   漢詩   >   歴代詩選:晩唐   >   贈別(杜牧)

贈別(杜牧)

贈別贈別ぞうべつわかれにおくる)
ぼく     
  • 〔出典〕 『唐詩三百首』七言絶句、『全唐詩』巻523、他
  • 七言絶句。情・成・明(平声庚韻)。
  • ウィキソース「贈別 (多情卻似總無情)」参照。
  • 贈別 … 「送別」に同じ。『全唐詩』『唐詩三百首』では「贈別二首 其二」に作る。
  • 杜牧 … 803~853。晩唐の詩人。けいちょうばんねん陝西せんせい省西安市)の人。あざなぼく。号は樊川はんせん。杜甫(ろうだい)に対し、しょうと称される。詩文集『樊川はんせん文集』がある。ウィキペディア【杜牧】参照。
多情却似総無情
じょうかえってたり すべじょうなるに
  • 多情 … 感情が豊かで、感じやすいこと。
  • 無情 … 感情が乏しいこと。
唯覚罇前笑不成
おぼゆ 罇前そんぜん わらいのらざるを
  • 覚 … 気づく。自覚する。
  • 罇 … 酒壺。『全唐詩』『唐詩三百首』では「尊」に作る。
  • 笑不成 … 哀しみのために笑顔を作ることができない。
蠟燭有心還惜別
蠟燭ろうそくこころり かえってわかれをしみ
  • 心 … ろうそくの芯(心と同音)にかけている。
  • 還 … 「かえって」と読み、「かえって」「意外にも」と訳す。還は「また」とも読むが、この場合、「ふたたび」「依然として」「引き続き」等の意味になるのでここではとらない。
替人垂涙到天明
ひとわってなみだれて天明てんめいいた
  • 替人 … 私に代わって。
  • 天明 … 夜明け。
歴代詩選
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行