>   漢詩 詩人別 :た行   >   遣懐(杜牧)

遣懐(杜牧)

遣懷おもいをる)
ぼく     
  • 〔出典〕 『唐詩三百首』七言絶句、『全唐詩』巻524、『才調集』、他
  • 七言絶句。行・輕・名(平声庚韻)。
  • ウィキソース「遣懷(杜牧)」参照。
  • 遣懐 … 『才調集』では「題揚州」に作る。
  • 杜牧 … 803~853。晩唐の詩人。けいちょうばんねん陝西せんせい省西安市)の人。あざなぼく。号は樊川はんせん。杜甫(ろうだい)に対し、しょうと称される。詩文集『樊川はんせん文集』がある。ウィキペディア【杜牧】参照。
落魄江湖載酒行
江湖こうこ落魄らくはくしてさけせて
  • 落魄 … おちぶれること。「らくたく」とも。なお、「落魄」を「物事にこだわらず自由奔放なさま」と解釈する説もある。
  • 魄 … 『才調集』では「托」に作る。『全唐詩』には「一作托」との注がある。
  • 江湖 … ここでは江南地方という程度の意。本来「江湖」には「(三江五湖の略として)川と湖」、「長江と洞庭湖一帯」、「世の中・世間」、「(中央に対する)地方」など、複数の解釈がある。なお、仏典では「ごうこ」と発音する。
  • 湖 … 『唐詩三百首』、『才調集』等では「南」に作る。『全唐詩』でも「南」に作り、「一作湖」との注がある。
  • 載酒 … 酒樽・酒壺を船に積み込むこと。
楚腰纖細掌中輕
よう 繊細せんさい 掌中しょうちゅうかろ
  • 楚腰 … ほっそりした腰の楚の国の美女。
  • 繊細 … 『全唐詩』では「腸斷」に作り、「一作纖細」との注がある。
  • 掌中軽 … 手のひらの上で舞うことができるほど軽い。漢の成帝の寵愛を受けた趙飛燕の故事をふまえたもの。「漢の成帝の趙飛燕身軽く、能く掌上の舞を為す(漢成帝趙飛燕身輕、能爲掌上舞)」(『独異志』巻中)。
十年一覺揚州夢
十年じゅうねん 一覚いっかく ようしゅうゆめ
  • 十年 … 『樊川はんせん文集きょう注』には「一作三年」との注がある。
  • 一覚 … 「ひとたびむ」とも訓読できる。
  • 揚州 … 今の江蘇省揚州市一帯。ウィキペディア【揚州市】参照。
贏得青樓薄倖名
たり 青楼せいろう薄倖はっこう
  • 贏得 … 結局得たのはただそれだけであった。
  • 贏 … 『全唐詩』には「一作占」との注がある。『樊川はんせん文集きょう注』では「占」に作り、「一作贏」との注がある。
  • 青楼 … 遊女屋。妓楼。
  • 薄倖 … ここでは浮気男の意。
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
漢詩 詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行