>   漢詩 詩人別 :た行   >   清明(杜牧)

清明(杜牧)

清明清明せいめい
ぼく     
  • 〔出典〕 『分門纂類唐宋時賢千家詩選』巻三、他
  • 七言絶句。紛(平声文韻)、魂・村(平声元韻)通押。
  • ウィキソース「清明 (杜牧)」参照。
  • この詩は、杜牧の詩文集である『樊川はんせん文集』や『全唐詩』には収録されておらず、杜牧の作ではないとの説もある。
  • 清明 … 二十四節気の一つ。春分から15日目。太陽暦で4月5日ごろ。
  • 杜牧 … 803~853。晩唐の詩人。けいちょうばんねん陝西せんせい省西安市)の人。あざなぼく。号は樊川はんせん。杜甫(ろうだい)に対し、しょうと称される。詩文集『樊川はんせん文集』がある。ウィキペディア【杜牧】参照。
清明時節雨紛紛
清明せいめい時節じせつ あめ紛紛ふんぷん
  • 雨紛紛 … こぬか雨が降りしきる様子。
路上行人欲斷魂
路上ろじょう行人こうじん こんたんとほっ
  • 行人 … 旅人。杜牧を指す。
  • 欲断魂 … 気が滅入ってしまう。
借問酒家何處有
借問しゃもんす 酒家しゅかいずれのところにか
  • 借問 … 試しに尋ねてみること。
  • 酒家 … 酒屋。
牧童遙指杏花村
牧童ぼくどう はるかにゆびさす 杏花きょうかむら
  • 牧童 … 牛飼いの少年。
  • 杏花村 … あんずの花咲く村。杏花村の位置については、安徽省貴池県杏花村と山西省汾陽県杏花村との二説ある。
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
漢詩 詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行