>   漢詩 詩人別 :た行   >   漢江(杜牧)

漢江(杜牧)

漢江漢江かんこう
ぼく     
  • 〔出典〕 『三体詩』、『全唐詩』巻523、他
  • 七言絶句。飛・衣・歸(平声微韻)。
  • 漢江 … 川の名。漢水の別名。陝西省の秦嶺山脈に源を発し、南東に流れて湖北省の武漢で長江に注ぐ。ウィキペディア【漢江 (中国)】参照。
  • 杜牧 … 803~853。晩唐の詩人。けいちょうばんねん陝西せんせい省西安市)の人。あざなぼく。号は樊川はんせん。杜甫(ろうだい)に対し、しょうと称される。詩文集『樊川はんせん文集』がある。ウィキペディア【杜牧】参照。
溶溶漾漾白鷗飛
溶溶ようよう 漾漾ようよう 白鷗はくおう
  • 溶溶 … 水量豊かに、ゆったりと流れているさま。
  • 漾漾 … 水面がゆらゆらと揺れて、ただよい流れるさま。
  • 白鷗 … 白いかもめ。
綠淨春深好染衣
みどりきよはるふかくして ころもむるに
  • 緑浄 … 緑の水面が澄みきってみずみずしい様子。
  • 春深 … 春たけなわである。春真っ盛り。
  • 深 … 『文苑英華』では「來」に作る。
  • 好染衣 … 衣服を染めてしまいそうである。
南去北來人自老
南去なんきょ 北来ほくらい ひと おのずから
  • 南去北来 … 南へ行ったり、北へ行ったりするさま。「南北去来」の互文。
  • 人自老 … 人はいつしか老いてゆく。人はそれぞれに老いてゆく。
夕陽長送釣船歸
夕陽せきよう とこしえにおくる ちょうせんかえるを
  • 夕陽 … 夕日。入り日。
  • 長 … いつまでも。どこまでも。
  • 釣船 … 釣り船。
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
漢詩 詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行