>   漢詩   >   唐詩選   >   巻七 七絶   >   秋下荊門(李白)

秋下荊門(李白)

秋下荆門
あき荊門けいもんくだ
はく
  • 七言絶句。空・風・中(平声東韻)。
  • ウィキソース「秋下荊門」参照。
  • 詩題 … 『敦煌残巻本』では「初めて荊門を下る」(初下荆門)に作る。『唐詩別裁集』では「舟下荆門」に作る。
  • 荊門 … 山の名。荊門山。湖北省宜都市の西北約30キロ、長江の南岸にあり、対岸には虎牙山がある。『水経注』江水の条に「江水又た東のかた荊門を、虎牙の間、荊門は南に在り、上がっし下いて、山の南に闇徹す」(江水又東歷荊門、虎牙之間、荊門在南、上合下開、闇徹山南)とある。ウィキソース「水經注/34」参照。また『読史方輿紀要』湖広、荊州府、宜都県の条に「荊門山は、県の西北五十里。大江の南岸、其の北岸は虎牙山たり、荊門と相対す」(荊門山、縣西北五十里。大江南岸、其北岸爲虎牙山、與荊門相對)とある。ウィキソース「讀史方輿紀要/卷七十八」参照。
  • この詩は、作者が蜀を出てきて、舟で初めて荊門を下ったときに詠んだもの。安旗主編『新版 李白全集編年注釋』(巴蜀書社、2000年)によると、開元十三年(725)、二十五歳の作。
  • 李白 … 701~762。盛唐の詩人。あざなは太白。蜀の隆昌県青蓮郷(四川省江油市青蓮鎮)の人。青蓮居士と号した。科挙を受験せず、各地を遊歴。天宝元年(742)、玄宗に召されて翰林かんりん供奉ぐぶ(天子側近の文学侍従)となった。しかし、玄宗の側近で宦官の高力士らに憎まれて都を追われ、再び放浪の生活を送った。杜甫と並び称される大詩人で「詩仙」と仰がれた。『李太白集』がある。ウィキペディア【李白】参照。
霜落荆門江樹空
しも荊門けいもんちて 江樹こうじゅむな
  • 霜落荊門 … 霜が荊門山に降りて。北周のしょう「上蓮山」(『古詩紀』巻一百二十二、『文苑英華』巻一百五十九)に「沙崩れて韻鼓を聞き、霜落ちて鳴鐘をつ」(沙崩聞韻鼓、霜落候鳴鐘)とある。韻鼓は、太鼓の音。ウィキソース「古詩紀 (四庫全書本)/卷122」参照。
  • 江樹 … 川辺の木々。江は、長江を指す。
  • 江 … 『唐詩別裁集』では「煙」に作る。
  • 空 … 葉が散ってしまっている。
布帆無恙挂秋風
はんつつがく しゅうふう
  • 布帆無恙挂秋風 … わが舟は秋風に布の帆を掛け、無事に航行を続けている。
  • 布帆無恙 … 東晋の画家がいは、荊州の長官である殷中堪の部下であったとき、休暇をとって故郷に帰ろうとし、長官から布の帆を借りた。途中大風に遭って舟が大破したので、長官に手紙を出して「行人は安穏にして布帆は恙無し」と書いたという故事を踏まえる。『世説新語』排調篇に「顧長康、殷荊州のりしとき、を請うて東に還る。の時、例としてはんを給せず。顧、ねんごろに之を求めて、乃ち発するを得たるも、ちょうに至るや、風に遭いて大敗す。せんを作って殷に与えて云う、地、ちょうと名づく、真にちょうを破りて出ず。行人安穏、はんつつがし」(顧長康作殷荊州佐、請假還東。爾時例不給布颿。顧苦求之、乃得發、至破冢、遭風大敗。作牋與殷云、地名破冢、眞破冢而出。行人安穩、布颿無恙)とある。ウィキソース「世說新語/排調」参照。
  • 帆 … 『唐詩別裁集』では「颿」に作る。同義。
  • 無恙 … 病気や事故などの異状や心配事がないこと。いつもと変わりなく無事であること。恙は、もとつつがむしの略。ツツガムシ科のダニの総称。体長約1ミリで田野で人を刺し、発病させる。従って無恙は、ツツガ虫にやられていないの意。『説文解字』巻十下、心部に「恙は、憂なり」(恙、憂也)とある。ウィキソース「說文解字/10」参照。また『爾雅』釈詁篇下の注に「今人無恙と云うは、憂いの無きを謂うなり」(今人云無恙謂無憂也)とある。ウィキソース「爾雅註疏/卷02」参照。また『隋書』倭国伝に「日ずる処の天子、書を日没する処の天子に致す。つつがきや云云うんぬん」(日出處天子致書日沒處天子。無恙云云)とある。ウィキソース「隋書/卷81」参照。また『芸文類聚』に引く『風俗通義』に「無恙は、俗に疾を説くなり。凡そ人、相見し及び書問する者は、曰く、疾無きや、と。按ずるに上古の時、草居し路宿す。恙はむ虫なり。人の心を食らう。凡そ相労問ろうもんする者は曰く、恙無きや、と。疾と為すに非ざるなり」(無恙、俗說疾也。凡人相見及書問者、曰、無疾耶。按上古之時、草居路宿。恙噬蟲也。食人心。凡相勞問者曰、無恙乎。非爲疾也)とある。労問は、ねぎらい慰めること。ウィキソース「藝文類聚/卷075」参照。
  • 挂 … かける。かかげる。掛に同じ。
此行不爲鱸魚膾
こう ぎょかいためならず
  • 此行 … 今度の旅は。
  • 鱸魚 … わが国のすずきとは違い、はぜに似た淡水魚。口が大きい。
  • 膾 … なます。牛・羊・魚の生肉を細切りにしたもの。大根・人参などを細く切って酢にひたした日本のなますではない。膾は、鳥獣の肉を使ったなます、鱠は魚肉を使ったなますを指す。『全唐詩』『宋本』『繆本』『蕭本』『許本』『劉本』『王本』『敦煌残巻本』『万首唐人絶句』(両種とも)『唐詩品彙』『唐詩解』『唐宋詩醇』では「鱠」に作る。
  • 不為鱸魚膾 … ちょうかんのように、鱸魚のなますを思い出したがためではない。西晋の張翰が北の洛陽に入って斉王に仕えていたが、秋風の吹くのを見るにつけ、故郷(江蘇省)の鱸魚のなますや、じゅんさいあつもの(吸い物)の味を思い出し、官を捨てて故郷へ帰ったという故事を踏まえる。『世説新語』識鑒篇に「ちょうよう斉王せいおう東曹とうそうえんされて、洛に在り。秋風のおこるを見、因って呉中のさいあつものぎょなますを思うて曰く、人生、意にかなうを得るを貴ぶのみ。何ぞ能く数千里にかんして以てめいしゃくもとめんや、と。遂にを命じて便ち帰る。にわかにして斉王やぶる、じん皆謂いて機を見るとせり」(張季鷹辟齊王東曹掾、在洛。見秋風起、因思呉中菰菜羹、鱸魚膾曰、人生貴得適意爾。何能羈宦數千里以要名爵。遂命駕便歸。俄而齊王敗、時人皆謂爲見機)とある。ウィキソース「世說新語/識鑒」参照。ウィキペディア【張翰 (晋)】参照。
自愛名山入剡中
みずか名山めいざんあいして せんちゅう
  • 自愛名山 … 私自身が名山を好むが故に。
  • 剡中 … 浙江省紹興市の東部を流れるそう江(古称は上虞江)の上流、剡渓のあたり。また、その中心地である剡県(現在の嵊州じょうしゅう市)の別称。『元和郡県図志』江南道、越州、剡県の条に「剡渓は、県の西南をで、北流して上虞県に入りさかいを上虞江と為す」(剡溪、出縣西南、北流入上虞縣界爲上虞江)とある。ウィキソース「元和郡縣圖志/卷26」参照。また『読史方輿紀要』浙江、紹興府、嵊県の条に「剡渓は、けんの南に在り。即ち曹娥江の上源なり。宋の楼鑰ろうやくいわく、剡渓は、山水ともひいで、ゆうの四郷、山、平野を囲み、たに、其の中を行く。其の源に四有り。一に天台山より、一に東陽の玉山より、一に奉化より、一に寧海より、四大流を兼ぬ。又た境内の万壑ばんがくの争流の水、四面よりあつまり、曲折かいし、嶀浦とほよぎりて北に出ず。これを曹娥江と為す」(剡溪、在縣治南。即曹娥江之上源也。宋樓鑰曰、剡溪山水俱秀、邑之四鄉、山圍平野、溪行其中。其源有四。一自天臺山、一自東陽之玉山、一自奉化、一自寧海、兼四大流。又境內萬壑爭流之水、四面咸湊、曲折迂迴、過嶀浦而北出。是爲曹娥江)とある。ウィキソース「讀史方輿紀要/卷九十二」参照。また、東晋のおう徽之きしが冬の夜、雪を愛でながら酒を飲み、左思の「招隠の詩」を詠じていたが、ふと剡渓にいる友人のたいを訪ねようと思いたち、小舟に乗って出かけた。しかし、門前まで来て引き返してしまった。人がその理由を尋ねたところ、「自分は興に乗じて来て、興が尽きて帰ったのだ」と答えたという故事もある。『晋書』王徽之伝に「かつ山陰さんいんり、よるゆきはじめてれ、げっしょく清朗せいろうぼう皓然こうぜんたり。ひとさけみて、左思さししょういんえいじ、たちまたいおもう。ときせんり、便すなわよるしょうせんじょうじてこれいたり、宿しゅくまさいたり、もんいたりてすすまずしてかえる。ひとゆえう、徽之きしいわく、もときょうじょうじてき、きょうきてかえる。なんかならずしも安道あんどうんや、と」(嘗居山陰、夜雪初霽、月色清朗、四望皓然。獨酌酒、詠左思招隱詩、忽憶戴逵。逵時在剡、便夜乘小船詣之、經宿方至、造門不前而反。人問其故、徽之曰、本乘興而行、興盡而反。何必見安道邪)とある。安道は、戴逵のあざな。ウィキソース「晉書/卷080」参照。また謝霊運の「臨海りんかいきょうに登らんとて、初め彊中きょうちゅうを発せしとき作る。じゅうてい恵連に与え、ようしめして共に之に和せしむ」(『文選』巻二十五)に「くれせんちゅう宿やどとまり、あしたてんみねのぼらん」(暝投剡中宿、明登天姥岑)とある。ウィキソース「昭明文選/卷25」参照。
テキスト
  • 『箋註唐詩選』巻七(『漢文大系 第二巻』冨山房、1910年)
  • 『全唐詩』巻一百八十一(揚州詩局本縮印、上海古籍出版社、1985年)
  • 『李太白文集』巻二十(静嘉堂文庫蔵宋刊本影印、平岡武夫編『李白の作品』所収、略称:宋本)
  • 『李太白文集』巻二十(ぼくえつ重刊、雙泉草堂本、略称:繆本)
  • 『分類補註李太白詩』巻二十二(しょういん補注、内閣文庫蔵、略称:蕭本)
  • 『分類補註李太白詩』巻二十二(蕭士贇補注、郭雲鵬校刻、『四部叢刊 初篇集部』所収、略称:郭本)
  • 『分類補註李太白詩』巻二十二(蕭士贇補注、許自昌校刻、『和刻本漢詩集成 唐詩2』所収、略称:許本)
  • 『李翰林集』巻十九(景宋咸淳本、劉世珩刊、江蘇広陵古籍刻印社、略称:劉本)
  • 『李太白全集』巻二十二(王琦編注、『四部備要 集部』所収、略称:王本)
  • 徐俊纂輯『敦煌詩集残巻輯考』(中華書局、2000年、64頁、略称:敦煌残巻本)
  • 『万首唐人絶句』七言・巻二(明嘉靖刊本影印、文学古籍刊行社、1955年)
  • 趙宦光校訂/黄習遠補訂『万首唐人絶句』巻十三(万暦三十五年刊、内閣文庫蔵)
  • 『唐詩品彙』巻四十七(汪宗尼本影印、上海古籍出版社、1981年)
  • 『唐詩別裁集』巻二十(乾隆二十八年教忠堂重訂本縮印、中華書局、1975年)
  • 『古今詩刪』巻二十一(寛保三年刊、『和刻本漢詩集成 総集篇9』所収、55頁)
  • 『唐詩解』巻二十五(清順治十六年刊、内閣文庫蔵)
  • 『唐宋詩醇』巻七(乾隆二十五年重刊、紫陽書院、内閣文庫蔵)
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行