>   漢詩   >   唐詩選   >   巻二 七言古詩   >   呉宮怨(衛万)

呉宮怨(衛万)

呉宮怨
きゅうえん
衞萬えいまん
  • 七言古詩。起・水・裏(上声紙韻)、春・塵・人(平声真韻)通押。
  • 『全唐詩』巻773所収。なお、尾聯は李白「蘇台覧古」と同じ。
  • 呉宮怨 … 唐代に作られた新楽府題。この詩はおう夫差ふさの宮殿の跡を弔う哀歌。春秋時代、呉はえつといつも争っていた。呉王闔廬こうりょえつ勾践こうせんとの戦いに敗れて戦傷死した。夫差は父のあだを討つため、名臣しょの補佐を受けて会稽かいけいざんの戦いで勾践を降伏させたが、のちに勾践に滅ぼされた。ウィキペディア【夫差】参照。
  • 衛万 … 初唐の人と言われているが、伝記は不詳。今に伝わる詩は、この一首のみ。
君不見呉王宮閣臨江起
きみずや おうきゅうかく こうのぞんでおこるを
  • 君不見 … 見たまえ。
  • 宮閣 … 宮殿楼閣。
  • 臨江 … 川にのぞんで。
不捲珠簾見江水
珠簾しゅれんかずして江水こうすい
  • 珠簾 … 真珠で飾ったすだれ。実際には真珠でなくても、美しいすだれのことを言う。
  • 捲 … 『全唐詩』では「見」に作る。
  • 江水 … 川の水。
曉氣晴來雙闕間
ぎょうきたる 双闕そうけつかん
  • 暁気 … 夜明けの大気。
  • 双闕 … 宮門の上に建てられた一対の望楼。
潮聲夜落千門裏
ちょうせいよるつ 千門せんもんうち
  • 潮声 … 潮騒のひびき。
  • 千門 … 宮殿の多くの門。「千」は数の多いことを示す。
勾踐城中非舊春
勾践こうせん城中じょうちゅう 旧春きゅうしゅんあら
  • 勾践 … 春秋時代のえつの王。呉王闔廬こうりょを戦傷死させたが、その子夫差ふさ会稽かいけいざんに戦って敗れた。復讐を誓い、のちに呉を滅ぼした。ウィキペディア【勾践】参照。
  • 旧春 … 昔ながらの春。元のままの春。
姑蘇臺下起黄塵
姑蘇こそだい 黄塵こうじんおこ
  • 姑蘇台 … 呉王闔廬こうりょが築き、後にその子夫差ふさが改修した宮殿。おおぜいの美人をはべらせて遊んだという。今の江蘇省蘇州市の近くにあった。
  • 下 … 『全唐詩』には「一作上」とある。
  • 黄塵 … 黄色の土ぼこり。
祗今唯有西江月
祗今ただいま 西江せいこうつきのみ
  • 祗今 … ただいま。「祗」は意味を強調する言葉。
  • 唯 … 「ただ~のみ」と読み、「ただ~だけ」「ただ~にすぎない」と訳す。限定の意を示す。「惟」と同じ。
  • 西江 … 姑蘇台の西を流れる川。
曾照呉王宮裏人
かつらす おうきゅうひと
  • 呉王宮裏人 … 呉王の後宮にいた女性たち。特に美人の西せいを指す。ウィキペディア【西施】参照。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行