>   漢詩   >   唐詩選   >   巻五 七言律詩   >   登高(杜甫)

登高(杜甫)

登高登高とうこう
杜甫とほ     
  • 七言律詩。哀・廻・來・臺・杯(平声灰韻)。
  • 『全唐詩』巻227所収。『唐詩三百首』七言律詩所収。ウィキソース「登高」参照。
  • 登高 … 高い所に登る。陰暦九月九日、重陽の節句に小高い丘に登って菊酒を飲み、災厄を払う。年中行事の一つ。『九家集注杜詩』では「九日五首 其五」として重出。『唐詩品彙』では「九日登高」に作る。
  • 杜甫 … 712~770。盛唐の詩人。襄陽じょうようの人。あざなは子美。李白と並び称される大詩人で「詩聖」といわれている。ウィキペディア【杜甫】参照。
風急天高猿嘯哀
かぜきゅうに てんたかくして えんしょうかな
  • 風急 … 風が激しく吹く。
  • 天高 … 青空が高く澄みわたる。
  • 猿嘯 … 猿が声を細長く引っぱって鳴くこと。
渚清沙白鳥飛廻
なぎさきよく すなしろくして とりめぐ
  • 渚 … 揚子江の水際。
  • 飛廻 … 輪を描いて、くるくる飛んでいる。
無邊落木蕭蕭下
へん落木らくぼく 蕭蕭しょうしょうとしてくだ
  • 無辺 … 見渡す限り果てしない。
  • 落木 … 落葉する木々。
  • 蕭蕭 … ここでは枯れ葉がものさびしく落ちる形容。
  • 下 … 「つ」と読んでもよい。枯れ葉が音を立てて散り落ちる。
不盡長江滾滾來
じんちょうこう 滾滾こんこんとしてたる
  • 不尽 … 尽きることのない。
  • 長江 … 揚子江のこと。
  • 滾滾 … 水が湧き出るように盛んに流れる様子。「袞袞」に作るテキストもある。
萬里悲秋常作客
ばん しゅう つねかく
  • 万里 … 故郷を一万里も遠く離れて。
  • 悲秋 … もの悲しく感じる秋。
  • 秋 … 『草堂詩箋』(『古逸叢書』所収)では「歌」に作る。
  • 常 … いつも。『九家集注杜詩』巻三十「九日五首 其五」では「長」に作る。
  • 作客 … 旅人となる。「客」は旅人。「作」は「為」と同じ。
百年多病獨登臺
ひゃくねん びょう ひとだいのぼ
  • 百年 … 生涯。
  • 多病 … 病気がち。
  • 独登台 … この日は重陽の節句であり、本来ならば親しい人たちと登るはずなのに、自分はたった一人でこの高台に登っている。
艱難苦恨繁霜鬢
艱難かんなん はなはうらむ 繁霜はんそうびん
  • 艱難 … さまざまな困難や苦しみ。
  • 苦 … 「はなはだ」と読む。ひどく。たいへん。
  • 恨 … うらめしい。
  • 繁霜鬢 … 真っ白になったびんの毛。「繁霜」は、真っ白に降りたたくさんの霜。「鬢」は耳ぎわの髪の毛。
潦倒新停濁酒杯
潦倒ろうとう あらたにとどむ 濁酒だくしゅはい
  • 潦倒 … 老いぼれること。落ちぶれること。
  • 新停 … 最近やめてしまった。
  • 濁酒 … にごり酒。
  • 服部南郭『唐詩選国字解』には「老衰ゆへ酒を止めたれば、いよいよ氣の晴るゝこともない」とある。『漢籍国字解全書』第10巻(国立国会図書館デジタルコレクション)参照。
歴代詩選
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行