>   唐詩選   >   巻三 五言律詩   >   登岳陽楼(杜甫)

登岳陽楼(杜甫)

登岳陽樓岳陽楼がくようろうのぼる)
杜甫とほ     
  • 五言律詩。樓・浮・舟・流(平声尤韻)。
  • 登岳陽樓 … 『文苑英華』では「登岳陽樓望洞庭」に作る。
  • 岳陽楼 … 湖南省岳陽市にある高楼。洞庭湖に面している。
  • 杜甫 … 712~770。盛唐の詩人。襄陽じょうようの人。あざなは子美。李白と並び称される大詩人で「詩聖」といわれている。ウィキペディア【杜甫】参照。
昔聞洞庭水
むかしく 洞庭どうていみず
  • 昔聞 … 昔からうわさを聞いている。
  • 洞庭水 … 湖南省北部にある湖。「水」は湖を指す。
今上岳陽樓
いまのぼる 岳陽楼がくようろう
  • 今上 … かねてからの願いがかなって、今やっと(岳陽楼に)のぼることができた。
呉楚東南坼
呉楚ごそ 東南とうなん
  • 呉楚 … 呉国と楚国。また、ここでは洞庭湖一帯の地方を指す。
  • 坼 … 割れる。二つに分かれる。
乾坤日夜浮
乾坤けんこん 日夜にちやうか
  • 乾坤 … 天と地。
  • 日夜 … 昼も夜も。
  • 浮 … 水面に影をうつして浮かびただよう。
親朋無一字
親朋しんぽう 一字いちじ
  • 親朋 … 親戚と友人。
  • 無一字 … 一通の手紙も来ない。
老病有孤舟
老病ろうびょう 孤舟こしゅう
  • 老病 … 年老いて病身である。
  • 孤舟 … 一そうの小舟。
戎馬關山北
戎馬じゅうば 関山かんざんきた
  • 戎馬 … 軍馬。兵馬。ここでは、戦いを指す。
  • 関山 … 関所や山々。または、関所のある山。
憑軒涕泗流
けんりて 涕泗ていしなが
  • 憑 … よりかかる。『文苑英華』では「凭」に作る。
  • 軒 … 岳陽楼の手すり。
  • 涕泗 … 「涕」は涙、「泗」は鼻水。
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句 巻八 七言絶句
漢詩 詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行