>   漢詩   >   唐詩選   >   巻三 五言律詩   >   旅夜書懐(杜甫)

旅夜書懐(杜甫)

旅夜書懷
りょ書懐しょかい
杜甫とほ
  • 〔出典〕 『唐詩三百首』五言律詩、『全唐詩』巻二百二十九、『宋本杜工部集』巻十四、『杜詩詳注』巻十四、他
  • 五言律詩。舟・流・休・鷗(平声尤韻)。
  • ウィキソース「旅夜書懷」参照。
  • 旅夜 … 旅の夜。
  • 書懐 … 思っている事がらを書きしるす。
  • 杜甫 … 712~770。盛唐の詩人。襄陽じょうようの人。あざなは子美。李白と並び称される大詩人で「詩聖」といわれている。ウィキペディア【杜甫】参照。
細艸微風岸
細草さいそう ふうきし
  • 細草 … 小さな草。
  • 微風 … そよかぜ。
危檣獨夜舟
危檣きしょう どくふね
  • 危檣 … たかくそびえたつ帆柱。
  • 独夜舟 … 自分ひとりだけの夜の船。
星隨平野闊
ほしへいしたがってひろ
  • 随平野 … 平野のかなたまで。
  • 隨 … 『全唐詩』では「垂」に作り、「一作隨」とある。
  • 闊 … 遠くまで広々と広がっているようす。
月湧大江流
つき大江たいこうきてなが
  • 月湧 … 「月が揚子江から湧き出たように大空に上る」という解釈と、「月の影が水面にきらきらと映っており、その様子は月が水中から湧き出たように見える」という解釈の二通りある。
  • 大江 … 揚子江。
名豈文章著
文章ぶんしょうもてあらわれんや
  • 豈 … 「あに~(な)らんや」と読み、「どうして~しようか、いやしない」と訳す。反語の意を示す。
  • 文章 … 文学。詩文。
官因老病休
かんろうびょうりて
  • 官 … 役人生活。
  • 因 … 『全唐詩』には「一作應」とある。「應」なら「官はまさに老病にて休むべし」となり、「役人生活も年老いて病気がちとなれば、やめるのが当たり前だ」という意味になる。
  • 老病 … 年老いて病身であること。
  • 休 … 辞職すること。
飄飄何所似
飄飄ひょうひょう なんたるところ
  • 飄飄 … さまようこと。『杜工部詩集』等では「飄零」に作る。「飄零」はおちぶれること。
  • 何所似 … 何に似ているだろうか。
天地一沙鷗
てんいちおう
  • 地 … 『全唐詩』等には「一作外」とある。
  • 沙鷗 … 砂浜にいるかもめ。「沙」は「砂」と同じ。自分(杜甫)の姿と同じである。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行