>   漢詩   >   歴代詩選:盛唐   >   春望(杜甫)

春望(杜甫)

春望しゅんぼう
杜甫とほ     
  • 〔出典〕 『唐詩三百首』、『又玄集』、『唐詩品彙』、『全唐詩』、他
  • 五言律詩。深・心・金・簪(平声侵韻)。
  • 『全唐詩』巻224所収。ウィキソース「春望」参照。
  • 春望 … 春のながめ。
  • 杜甫 … 712~770。盛唐の詩人。襄陽じょうようの人。あざなは子美。李白と並び称される大詩人で「詩聖」といわれている。ウィキペディア【杜甫】参照。
國破山河在
くにやぶれて さん
  • 国 … 「国家」と「国都長安」の二つの説がある。高校教科書では後者を採っている。
  • 破 … (戦乱により)破壊される。崩壊する。
  • 山河 … 山や川など、自然のたたずまい。
  • 在 … 存在する。
城春草木深
しろはるにして 草木そうもくふか
  • 城 … 町なか。
  • 春 … 春になって。
  • 草木深 … 草や木が青々と生い茂る。
感時花濺涙
ときかんじては はなにもなみだそそ
  • 時 … 時世。時期。
  • 感 … 強く心をうたれる。
  • 濺 … 涙を流す。
恨別鳥驚心
わかれをうらんでは とりにもこころおどろかす
  • 恨 … 残念がる。悲しむ。
  • 驚 … はっと驚く。
烽火連三月
ほう 三月さんげつつらなり
  • 烽火 … 合図ののろし。ここでは、戦乱のたとえ。
  • 三月 … 「さんげつ」と読み、「さんがつ」とは読まない。何ヶ月も。
  • 連 … 続いている。
家書抵萬金
しょ 万金ばんきんたる
  • 家書 … 家族からの手紙。
  • 万金 … 非常に多額の金銭。貴重なこと。
  • 抵 … 相当する。
白頭搔更短
白頭はくとう けばさらみじか
  • 白頭 … しらが頭。
  • 掻 … 髪をかきむしる。
  • 短 … 少なくなる。
渾欲不勝簪
すべて しんえざらんとほっ
  • 渾 … すべて。まったく。
  • 簪 … 冠を髪に止めるピン。
  • 不勝 … ~しきれない。
  • 欲 … ~しようとする。「望む」の意ではない。
歴代詩選
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行