>   漢詩   >   唐詩選   >   巻三 五言律詩   >   禹廟(杜甫)

禹廟(杜甫)

禹廟
禹廟うびょう
杜甫とほ
  • 五言律詩。斜・蛇・沙・巴(平声麻韻)。
  • 禹廟 … の禹王を祭ったみたまや。『全唐詩』には題下に「此忠州臨江縣禹祠也」とある。
  • 杜甫 … 712~770。盛唐の詩人。じょうよう(湖北省)の人。あざな子美しび。祖父は初唐の詩人、杜審言。若い頃、科挙を受験したが及第できず、各地を放浪して李白らと親交を結んだ。安史の乱では賊軍に捕らえられたが、やがて脱出し、新帝しゅくそうのもとで左拾遺に任じられた。その翌年左遷されたため官を捨てた。四十八歳の時、成都(四川省成都市)の近くのかんけいに草堂を建てて四年ほど過ごしたが、再び各地を転々とし一生を終えた。中国最高の詩人として「詩聖」と呼ばれ、李白とともに「李杜りと」と並称される。『杜工部集』がある。ウィキペディア【杜甫】参照。
禹廟空山裏
禹廟うびょう 空山くうざんうち
  • 人気ひとけのないさびしい山。
秋風落日斜
しゅうふう 落日らくじつななめなり
荒庭垂橘柚
荒庭こうてい 橘柚きつゆう
  • 荒庭 … 荒れた庭。
  • 橘柚 … みかんやゆずの実。
古屋畫龍蛇
古屋こおく 竜蛇りゅうだえが
  • 古屋 … 古い廟の壁。
  • 竜蛇 … 竜と蛇。
雲氣生虛壁
雲気うんき 虚壁きょへきしょう
  • 雲気 … 雲のこと。
  • 生虚 … 『全唐詩』には「一作噓清」とある。
  • 虚壁 … 木も何もない絶壁。
江聲走白沙
江声こうせい 白沙はくさはし
  • 江声 … 揚子江の水の流れる音。
  • 白沙 … 白い砂浜。
早知乘四載
はや四載しさいるを
  • 四載 … 禹王が用いた四つの乗り物。
疏鑿控三巴
疏鑿そさくしてさんより
  • 疏鑿 … 山を切り開いて水を通すこと。疏は通す。鑿は物に穴をあける。『全唐詩』には「一作流落」とある。
  • 控三巴 … 三巴の地方から水を引く。三巴は巴郡・巴東郡・巴西郡があった地域。今の四川省東部にあたる。控は引く。ここでは水を引く。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行