>   漢詩   >   唐詩選   >   巻三 五言律詩   >   宿雲門寺閣(孫逖)

宿雲門寺閣(孫逖)

宿雲門寺閣
雲門うんもんかく宿しゅく
孫逖そんてき
  • 五言律詩。幽・秋・牛・遊(平声尤韻)。
  • 雲門寺 … 浙江省紹興府の雲門山にある。
  • 孫逖 … 696~761。盛唐の詩人。博州武水(山東省聊城りょうじょう県附近)の人。一に河南府鞏県の人といわれる。中書舎人・刑部侍郎を歴任。ウィキペディア【孫逖】参照。
香閣東山下
香閣こうかく 東山とうざんもと
  • 香閣 … 仏寺のこと。
煙花象外幽
煙花えんか 象外しょうがいゆうなり
  • 象外 … 現象を超えた世界。俗世を離れた世界。
懸燈千嶂夕
ともしびく 千嶂せんしょうゆう
  • 千嶂 … 険しい峰が多いこと。
卷幔五湖秋
とばりく 五湖ごこあき
  • 幔 … 垂れ幕。
  • 五湖 … 太湖附近の湖沼の総称。
畫壁餘鴻雁
画壁がへき 鴻雁こうがんあま
  • 画壁 … 壁画。
  • 餘 … 『全唐詩』には「一作飛」とある。
  • 鴻雁 … かり。がん。
紗窗宿斗牛
紗窓さそう 斗牛とぎゅう宿やど
  • 紗窓 … うすぎぬを張った窓。
  • 斗牛 … 星座で、斗宿としゅく牛宿ぎゅうしゅく
更疑天路近
さらうたがう 天路てんろちかきかと
  • 天路 … 天へ登る道。
夢與白雲遊
ゆめ白雲はくうんあそ
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行