>   漢詩   >   歴代詩選:北宋   >   和子由澠池懐旧(蘇軾)

和子由澠池懐旧(蘇軾)

和子由澠池懷舊
ゆうべんかいきゅうす)
しょく
  • 〔出典〕 『集註分類東坡先生詩』巻十六(『四部叢刊 初編集部』所収)、他
  • 七言律詩。泥・西・題・嘶(平声齊韻)。
  • ウィキソース「和子由澠池懷舊」参照。
  • 嘉祐六(1061)年、二十六歳の作。
  • 子由 … 弟のてつあざな。ウィキペディア【蘇轍】参照。
  • 澠池 … 県名。河南省、洛陽の西約60キロにある。ウィキペディア【ベン池県】参照。
  • 懐旧 … 昔のことをしのぶ。五年前、父のじゅん、弟のてつとともにこの地を通った。「旧」はその時を指す。
  • 和 … 和韻すること。和韻には、依韻・用韻・次韻の三種がある。「依韻」は原作と同類の韻を用いること。「用韻」は原作に用いられている韻字を順不同でそのまま用いること。「次韻」は原作と同一の字を同一の順に用いること。ここではてつの「澠池をおもいて子瞻兄に寄す」(懷澠池寄子瞻兄)の詩に次韻している。ウィキソース「懷澠池寄子瞻兄」参照。
  • 蘇軾 … 1036~1101。北宋の文学者・詩人。ざん(四川省)の人。あざなせん、号はとう居士。じゅんの子、てつの兄。嘉祐二(1057)年、弟とともに進士に及第。王安石の新法に反対したため左遷された。唐宋八大家の一人。著作集に『東坡全集』がある。ウィキペディア【蘇軾】参照。
人生到處知何似
人生じんせい いたところ んぬなににかたる
  • 人生 … 人の一生。
  • 到処 … 行く先々。各地をさすらうこと。
  • 知何似 … 何に似ているだろうか。
  • 知 … ここでは「しんぬ」と読み慣わす。「いったい~だろうか」「いったい~かしら」の意。
應似飛鴻踏雪泥
まさたるべし こう雪泥せつでいむに
  • 応 … 「まさに~すべし」と読み、「きっと~であろう」と訳す。再読文字。強い推量の意を示す。
  • 飛鴻 … 舞い降りたおおとり。「鴻」は雁に似ているが、雁より大きな渡り鳥。
  • 雪泥 … 雪解けの泥土。雪解けの泥水。
泥上偶然留指爪
でいじょうに 偶然ぐうぜん そうとどむるを
  • 泥上 … 泥の上に。
  • 指爪 … 爪のあと。
  • 留 … 残している。
鴻飛那復計東西
こうんで んぞまた 東西とうざいはからん
  • 那 … 「なんぞ」と読み、「どうして~か(いや~ではない)」と訳す。反語を表す。「何」より口語的。
  • 計東西 … 東へ行ったのか西へ行ったのか推し量る。
老僧已死成新塔
老僧ろうそうすでして 新塔しんとう
  • 老僧 … 五年前、兄弟で澠池の寺に泊めてもらった時、世話になった老僧のこと。名を奉閑ほうかんといった。
  • 新塔 … 新たに立てた老僧の石塔。
壞壁無由見舊題
壊壁かいへきには きゅうだいるによし
  • 壊壁 … くずれた寺の壁。
  • 旧題 … 五年前、二人が寺の壁に書きつけた詩。「題」とは、詩を壁などに書きつけること。
  • 無由見 … 見つけるすべもない。
往日崎嶇還記否
往日おうじつ崎嶇きく するやいな
  • 往日 … あの日。昔日。
  • 崎嶇 … 山道が険しく、歩きにくいさま。
  • 還 … ここでは「なお」と読む。いまもなお。俗語。
  • 記 … 記憶する。
  • 否 … 「~やいなや」と読む。文末に付いて、「そうなのか、違うのか」と聞くときの言葉。
路長人困蹇驢嘶
みちながく ひとくるしみて けんいななけるを
  • 路長 … 道は遠く。
  • 人困 … 人は疲れ。
  • 蹇驢 … 足の不自由な驢馬ろば。「蹇」は足が伸縮しないで不自由なこと。澠池へ向かう途中、馬が死んで驢馬に乗り換えたという。自注に「にしとし、馬二陵に死し、驢に騎りて澠池に至る」(往歳、馬死于二陵、騎驢至澠池)とある。「往歳」は過ぎ去った年。往年。「二陵」は地名。南陵と北陵。すなわち澠池の西方にある崤山こうざんのこと。
  • 嘶 … (馬が)いななく。声高く鳴く。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行