>   漢詩   >   歴代詩選:北宋   >   春夜(蘇軾)

春夜(蘇軾)

春夜しゅん
しょく     
  • 七言絶句。金・陰・沈(平声侵韻)。
  • ウィキソース「春宵 (蘇軾)」参照。
  • 春夜 … 春の夜。『千家詩』では「春宵」に作る。
  • 蘇軾 … 1036~1101。北宋の文学者・詩人。ざん(四川省)の人。あざなせん、号はとう居士。じゅんの子、てつの兄。嘉祐二(1057)年、弟とともに進士に及第。王安石の新法に反対したため左遷された。唐宋八大家の一人。著作集に『東坡全集』がある。ウィキペディア【蘇軾】参照。
春宵一刻直千金
春宵しゅんしょう 一刻いっこく あたい千金せんきん
  • 春宵 … 春の夜。
  • 一刻 … ひととき。わずかな時間。
  • 直 … 「値」に同じ。値段。「値」に作るテキストもある。
  • 千金 … 非常に大きな金額。たいへん高価なこと。
花有清香月有陰
はな清香せいこうり つきかげ
  • 清香 … 清らかなかおり。
  • 陰 … ぼんやりとかすむ。おぼろ月。
歌管樓臺聲細細
かん 楼台ろうだい こえ細細さいさい
  • 歌管 … 歌ごえと笛の。「管」は、管楽器の総称。笛やしょうなど。
  • 楼台 … 高殿たかどの。二階建て以上の建物。
  • 細細 … かすかに聞こえる様子。「寂寂」に作るテキストもある。このように同じ漢字を重ねたものを「じゅうげん」または「じょう」という。
鞦韆院落夜沈沈
しゅうせん 院落いんらく よる沈沈ちんちん
  • 鞦韆 … ぶらんこ。
  • 院落 … 屋敷の中庭。
  • 沈沈 … 夜がけていくさま。「深深」に作るテキストもある。重言(畳語)。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行