>   漢詩   >   歴代詩選:北宋   >   恵崇春江暁景二首 其一(蘇軾)

恵崇春江暁景二首 其一(蘇軾)

惠崇春江曉景二首 其一
すうしゅんこうぎょうけい しゅ いち
しょく     
  • 〔出典〕 『集註分類東坡先生詩』巻二十四(『四部叢刊 初編集部』所収)、他
  • 七言絶句。枝・知・時(平声支韻)。
  • ウィキソース「惠崇春江曉景二首(亦作書袞儀所藏惠崇畫二首)」参照。
  • 元豊八(1085)年、五十歳の作。十二月、開封かいほう(北宋の首都)に帰ったのちの作。
  • 恵崇 … 宋初の画僧。建陽(福建省)の人。北宋山水画の三大家の一人で、特にかりさぎちょうなどの絵を得意とした。また、詩人でもあり、九僧の一人としても知られる。
  • 春江暁景 … 恵崇の絵の題。「春江」は春の川。「暁景」は明け方の景色。『集註分類東坡先生詩』等では「春江晩景」に作る。この詩は画題詩であって、実景を詠じたものではない。
  • 蘇軾 … 1036~1101。北宋の文学者・詩人。ざん(四川省)の人。あざなせん、号はとう居士。じゅんの子、てつの兄。嘉祐二(1057)年、弟とともに進士に及第。王安石の新法に反対したため左遷された。唐宋八大家の一人。著作集に『東坡全集』がある。ウィキペディア【蘇軾】参照。
竹外桃花三兩枝
竹外ちくがいとう さんりょう
  • 竹外 … 竹の生えている向こう側。
  • 桃花 … 桃の花。
  • 三両枝 … ふたえだえだ。枝が二、三本。「両三枝」と同じ。平仄の都合で逆にしたものと思われる。
春江水暖鴨先知
しゅんこう みずあたたかにして かも
  • 春江 … 春の川。
  • 水暖 … 水がぬるくなる。
  • 鴨 … 鴨の群れ。
  • 先知 … 真っ先に感知する。
蔞蒿滿地蘆芽短
蔞蒿ろうこうち 蘆芽ろがみじか
  • 蔞蒿 … よもぎの一種。やまよもぎ。おひたしにするとフグの毒を消すという。
  • 満地 … 一面に生い茂る。
  • 蘆芽 … あしの芽。スープにするとフグの毒を消すという。
  • 短 … まだ短い。
正是河豚欲上時
まされ 河豚ふぐのぼらんとほっするとき
  • 正是 … ちょうど今~である。
  • 河豚 … フグ。揚子江などの大川に生息する淡水産で、味が上等の豚肉に似ていることから「河豚」というらしい。
  • 欲上時 … 川をさかのぼってくる時期。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行