>   漢詩   >   歴代詩選:北宋   >   贈劉景文(蘇軾)

贈劉景文(蘇軾)

贈劉景文
りゅう景文けいぶんおくる)
しょく     
  • 〔出典〕 『集註分類東坡先生詩』巻二十五(『四部叢刊 初編集部』所収)、他
  • 七言絶句。枝・時(平声支韻)。
  • ウィキソース「贈劉景文」参照。
  • 元祐五(1090)年、五十五歳、杭州(浙江省杭州市)の知事在任中の作。
  • 劉景文 … 1033~1092。名は季孫。景文は字。開封かいほう祥符(河南省開封市)の人。西夏の元昊げんこうと戦って死んだ将軍りゅうへいの末子。この時、杭州で民兵の部隊を率いていた。蘇軾は彼を評価し、朝廷に推薦している。
  • 蘇軾 … 1036~1101。北宋の文学者・詩人。ざん(四川省)の人。あざなせん、号はとう居士。じゅんの子、てつの兄。嘉祐二(1057)年、弟とともに進士に及第。王安石の新法に反対したため左遷された。唐宋八大家の一人。著作集に『東坡全集』がある。ウィキペディア【蘇軾】参照。
荷盡已無擎雨蓋
はすきて すであめささぐるのかさ
  • 荷尽 … はすの葉がすっかり枯れてしまった。「荷」は、はす。
  • 已無 … もう~ない。
  • 擎 … 高く差し上げること。
  • 蓋 … 傘。傘としての、はすの葉。
菊殘猶有傲霜枝
きくおとろえて しもおごるのえだ
  • 残 … 咲き衰える。「ざんして」「そこなわれて」と読んでもよい。
  • 猶 … 「なお」と読み、「それでもなお」と訳す。「猶」は「なお~のごとし」と読む再読文字であるが、ここでは再読しない。
  • 傲 … めげぬ。(霜に)負けないこと。
  • 枝 … 一枝。
一年好景君須記
一年いちねん好景こうけい きみ すべからくすべし
  • 一年 … 一年のうちで。
  • 好景 … 最も景色のよい時期。
  • 景 … 『集註分類東坡先生詩』等では「處」に作る。
  • 須記 … よく覚えておいてほしい。
  • 須 … 「すべからく~べし」と読み、「ぜひ~する必要がある」「~するべきだ」と訳す。再読文字。
最是橙黃橘綠時
もっとれ とうに きつみどりなるとき
  • 最是 … 何よりまして。中でも一番よいのは。
  • 最 … 「正」に作るテキストもある。
  • 橙 … ゆず。だいだいではない。
  • 橘 … みかんの類。
  • 橙黄橘緑時 … 「橙黄とうこうきつりょくとき」とも読む。ゆずが黄色になり、みかんが緑色になるとき。初冬の頃のこと。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行