>   漢詩   >   歴代詩選:北宋   >   飲湖上初晴後雨二首 其二(蘇軾)

飲湖上初晴後雨二首 其二(蘇軾)

飲湖上初晴後雨二首 其二
じょういんす、はじめはのちあめふる しゅ
しょく     
  • 〔出典〕 『集註分類東坡先生詩』巻十(『四部叢刊 初編集部』所収)、他
  • 七言絶句。奇・宜(平声支韻)。
  • ウィキソース「飲湖上初晴後雨二首」参照。
  • ねい六(1073)年正月、三十八歳の作。
  • 湖上 … 湖の上。湖は杭州の西せい。西湖に船を浮かべて宴を催したときの即興詩。
  • 飲 … 酒を飲むこと。
  • 二首 其二 … 『集註分類東坡先生詩』では「二首 其一」に作る。
  • 蘇軾 … 1036~1101。北宋の文学者・詩人。ざん(四川省)の人。あざなせん、号はとう居士。じゅんの子、てつの兄。嘉祐二(1057)年、弟とともに進士に及第。王安石の新法に反対したため左遷された。唐宋八大家の一人。著作集に『東坡全集』がある。ウィキペディア【蘇軾】参照。
水光瀲灩晴方好
水光すいこう 瀲灩れんえんとして れてまさ
  • 水光 … 水面の光。
  • 瀲灩 … 小波さざなみがキラキラと輝くさま。畳韻(同じ母音で終わる二字の熟語)の語。
  • 灩 … 「灔」に作るテキストもある。異体字。
  • 方 … 「まさに」と読み、「ちょうど」「まさしく今」「それこそ」と訳す。「偏」に作るテキストもある。
  • 好 … 素晴らしい。
山色空濛雨亦奇
さんしょく 空濛くうもうとして あめなり
  • 山色 … 山の色あい。山の景色。
  • 空濛 … 霧雨が降って、ぼんやりと薄暗いさま。畳韻の語。
  • 亦 … 「(も)また~」と読み、「~もまた」「~も同様に」と訳す。ここでは「晴れた景色と同様に」の意。
  • 奇 … 際立って素晴らしい。「奇妙」の意ではない。
欲把西湖比西子
西せいって西せいせんとほっすれば
  • 西湖 … 杭州郊外の美しい湖。ウィキペディア【西湖 (杭州市)】参照。
  • 把 … 「以」と同じ。~をもって。
  • 西子 … 西施。春秋時代のえつの美女。越王勾践こうせんが呉に敗れたのち呉王夫差ふさのもとに送られ、夫差は彼女におぼれて国を亡ぼした。ウィキペディア【西施】参照。
  • 比 … たとえる。
淡粧濃抹總相宜
たんしょう 濃抹のうまつ べてあいよろ
  • 淡粧 … 薄化粧。西湖の雨や曇りの景色に喩える。
  • 濃抹 … 濃い化粧。厚化粧。「抹」は、なすりつける。西湖の晴れの景色に喩える。
  • 総 … すべて。みな。「揔」に作るテキストもある。同義。
  • 相宜 … ちょうど良い。ちょうど適当である。ぴったり似合う。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行