>   漢詩   >   歴代詩選:北宋   >   六月二十七日望湖楼酔書五絶 其一(蘇軾)

六月二十七日望湖楼酔書五絶 其一(蘇軾)

六月二十七日望湖樓醉書五絶 其一
ろくがつじゅうしちにちぼうろうにてうてしょぜつ いち
しょく     
  • 〔出典〕 『集註分類東坡先生詩』巻九(『四部叢刊 初編集部』所収)、他
  • 七言絶句。山(平声刪韻)、船・天(平声先韻)通用。
  • ウィキソース「六月二十七日望湖樓醉書」参照。
  • 六月二十七日 … ねい五(1072)年、三十七歳の作。
  • 望湖楼 … 杭州(浙江省杭州市)の西せいのほとり、昭慶寺の前にあった楼閣。また、杭州城内の鳳凰山にあったとする説もある。
  • 酔書 … 酒の酔いにまかせて書きつける。
  • 五絶 … 絶句五首。
  • 蘇軾 … 1036~1101。北宋の文学者・詩人。ざん(四川省)の人。あざなせん、号はとう居士。じゅんの子、てつの兄。嘉祐二(1057)年、弟とともに進士に及第。王安石の新法に反対したため左遷された。唐宋八大家の一人。著作集に『東坡全集』がある。ウィキペディア【蘇軾】参照。
黑雲翻墨未遮山
黒雲こくうん すみひるがえして いまやまさえぎらず
  • 黒雲 … 黒い雲。真っ黒な雲。
  • 翻墨 … 墨をぶちまけたかのように。墨つぼをひっくり返したかのように。
  • 未遮山 … まだ山をすっかり隠してはいない。
白雨跳珠亂入船
はく たまおどらせて みだれてふね
  • 白雨 … 夕立の白く見えるてき。「黒雲」とついになっている。
  • 跳珠 … 真珠をまき散らしたように。
  • 乱入船 … ばらばらと船の中に飛び込む。ばらばらと船の中に降り込む。
卷地風來忽吹散
き かぜきたって たちまさん
  • 巻地 … 大地を捲き上げるように。強風が吹きまくる。
  • 吹散 … 雨雲を吹き飛ばしてしまう。
望湖樓下水如天
ぼうろう みず てんごと
  • 水如天 … 湖面に大空が広く映っている。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行