>   漢詩   >   歴代詩選:北宋   >   和孔密州五絶東欄梨花(蘇軾)

和孔密州五絶東欄梨花(蘇軾)

和孔密州五絶東欄梨花
こうみつしゅうぜつ東欄とうらん梨花りか
しょく
  • 〔出典〕 『集註分類東坡先生詩』巻十(『四部叢刊 初編集部』所収)、他
  • 七言絶句。青(平声青韻)、城・明(平声庚韻)通用。
  • ウィキソース「和孔密州五絕·東欄梨花」参照。
  • ねい十(1077)年、作者四十二歳。四月、徐州(江蘇省徐州市)の知事に赴任してのちの作。
  • 孔密州 … 蘇軾の後任として密州(山東省諸城県)の知事となった孔宗翰のこと。孔子の子孫。
  • 五絶 … 絶句五首。この詩はその三。
  • 和 … 孔密州の作った「東欄梨花」と題する詩に、韻を合わせて詩を作った。
  • 東欄 … 密州の官舎の東側の欄干。
  • 梨花 … なしの花。
  • 蘇軾 … 1036~1101。北宋の文学者・詩人。ざん(四川省)の人。あざなせん、号はとう居士。じゅんの子、てつの兄。嘉祐二(1057)年、弟とともに進士に及第。王安石の新法に反対したため左遷された。唐宋八大家の一人。著作集に『東坡全集』がある。ウィキペディア【蘇軾】参照。
梨花淡白柳深靑
梨花りか淡白たんぱくにして やなぎ深青しんせいなり
  • 梨花 … なしの花。
  • 淡白 … 淡い白色。ほんのりと白い。
  • 深青 … 深い緑色。
柳絮飛時花滿城
りゅうじょとき はなしろ
  • 柳絮 … 柳の白い綿毛のついた種子。晩春から初夏の頃、綿のように乱れ飛ぶ。
  • 花満城 … 町は花ですっかりうずまってしまう。「城」は城壁で囲まれた町全体を指す。城市。
惆悵東欄一株雪
惆悵ちゅうちょうす 東欄とうらん一株いっしゅゆき
  • 惆悵 … 嘆き悲しむこと。傷み悲しむこと。
  • 東欄 … 密州の官舎の東側の欄干。
  • 一株雪 … 一本のなしの木の花を雪に喩えている。「しゅ」は草木を数える助数詞。
  • 一 … 「二」に作るテキストもある。
人生看得幾清明
人生じんせい いくたびの清明せいめいをか看得みえ
  • 清明 … 二十四節気の一つ。春分から十五日目。陰暦の三月、陽暦で四月五日頃。
  • 看得 … 見ることができる。「得」は動詞のあとについて、差し障りなく可能であることを示す。口語的用法。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行