>   漢詩   >   歴代詩選:北宋   >   澄邁駅通潮閣二首 其二(蘇軾)

澄邁駅通潮閣二首 其二(蘇軾)

澄邁驛通潮閣二首 其二
ちょうまいえきつうちょうかく しゅ
しょく     
  • 〔出典〕 『集註分類東坡先生詩』巻一(『四部叢刊 初編集部』所収)、他
  • 七言絶句。村・魂・原(平声元韻)。
  • ウィキソース「澄邁驛通潮閣二首」参照。
  • 元符三(1100)年六月、六十五歳の作。
  • 澄邁駅 … 海南島の北岸、海南省澄邁県の宿駅。ウィキペディア【澄邁県】参照。
  • 通潮閣 … 澄邁駅にあった楼閣。
  • 蘇軾 … 1036~1101。北宋の文学者・詩人。ざん(四川省)の人。あざなせん、号はとう居士。じゅんの子、てつの兄。嘉祐二(1057)年、弟とともに進士に及第。王安石の新法に反対したため左遷された。唐宋八大家の一人。著作集に『東坡全集』がある。ウィキペディア【蘇軾】参照。
餘生欲老海南村
せい いんとほっす 海南かいなんむら
  • 余生 … 残りの人生。
  • 欲老 … 老いてゆきたいと思う。老いの人生を送るつもりである。
  • 海南村 … 海南島の村。
帝遣巫陽招我魂
てい ようをして こんまねかしむ
  • 帝遣巫陽招我魂 … 『楚辞』招魂篇に、屈原の霊魂がさまよっているのを天帝が憐れんで、巫陽に命じてその霊魂を呼び戻させたとあるのを踏まえ、追放されていた蘇軾が都へ戻るよう命じられたことをいう。「帝」は天帝。ここでは時の皇帝そうを指す。ウィキペディア【徽宗】参照。「巫陽」は巫女みこの名。
  • 遣 … 「遣AB」の形で「AをしてB(せ)しむ」と読み、「AにBさせる」と訳す。使役の意を示す。
杳杳天低鶻沒處
杳杳ようようとしててんれ こつぼっするところ
  • 杳杳 … はるか遠いさま。これも『楚辞』に見える語。畳語。
  • 天低 … 大空が水平線におりて来ている様子。大空が広がり垂れている様子。
  • 鶻 … はやぶさ。
  • 没 … 消える。隠れる。
靑山一髮是中原
青山せいざん 一髪いっぱつ ちゅうげん
  • 青山一髪 … 髪一筋のように見える青い山並み。
  • 是 … 「~これ…」と読み、「~は…だ」と訳す。認定の意を示す。
  • 中原 … ふつうは中国の中心とされる黄河中流域のことであるが、ここでは海南島という辺境から、中国本土を指していったもの。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行