>   漢詩   >   歴代詩選:北宋   >   題西林壁(蘇軾)

題西林壁(蘇軾)

題西林壁
西林せいりんかべだい
しょく
  • 〔出典〕 『集註分類東坡先生詩』巻七(『四部叢刊 初編集部』所収)、他
  • 七言絶句。峰(平声冬韻)、同・中(平声東韻)通用。
  • ウィキソース「題西林壁 (蘇軾)」参照。
  • 元豊七(1084)年、四十九歳の作。
  • 西林 … 寺の名。西林寺。廬山(江西省九江市南部)のふもとに西林寺と東林寺があった。晋代に開創。1996年に再建。
  • 題~壁 … 壁に詩を書きつけること。
  • 蘇軾 … 1036~1101。北宋の文学者・詩人。ざん(四川省)の人。あざなせん、号はとう居士。じゅんの子、てつの兄。嘉祐二(1057)年、弟とともに進士に及第。王安石の新法に反対したため左遷された。唐宋八大家の一人。著作集に『東坡全集』がある。ウィキペディア【蘇軾】参照。
橫看成嶺側成峰
よこよりればれいし そばよりはみね
  • 横看 … 横の方から眺めわたすと。
  • 成嶺 … 連なった山になる。
  • 側 … すぐそばから見上げると。「側」の下に「看」の字が省略されていると考えると理解しやすい。
  • 成峰 … 鋭くそびえる峰となる。
遠近高低無一同
遠近えんきん 高低こうてい いつおなじきは
  • 遠近 … 距離の遠さと近さ。
  • 高低 … 高いことと低いこと。
  • 無一同 … どれ一つとして同じものはない。「総不同」「各不同」に作るテキストもある。
不識廬山真面目
ざん真面目しんめんもくらざるは
  • 廬山 … 山の名。江西省九江市の南方にある。ウィキペディア【廬山】参照。
  • 真面目 … 本来の姿。
  • 不識 … わからないのは。
只緣身在此山中
ただ さんちゅうるに
  • 只 … 「ただ」と読み、「ただ~だけだ」と訳す。限定の意を表す。
  • 身在此山中 … 自分が廬山の山の中に身を置いている。
  • 縁 … ~という理由からである。
歴代詩選
古代 前漢
後漢
南北朝
初唐 盛唐
中唐 晩唐
北宋 南宋
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句
詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行