送元二使安西(王維)原文・書き下し文・詳しい注釈 - Web漢文大系
   >   漢詩 詩人別 :あ行   >   送元二使安西(王維)

送元二使安西(王維)

送元二使安西
げん安西あんせい使つかいするをおくる)
おう     
  • 〔出典〕 『唐詩三百首』、『三体詩』、『楽府詩集』、『全唐詩』、他
  • 七言絶句。塵・新・人(平声真韻)。
  • 『全唐詩』巻128所収。ウィキソース「渭城曲」参照。
  • 送元二使安西 … 『唐詩三百首』、『全唐詩』等では「渭城曲」に作る。『全唐詩』には「一作送元二使安西」との注がある。
  • 元二 … 「元」は姓。「二」は排行はいこう。「排行」とは、一族中の兄弟やいとこなどの年齢による序列。
  • 安西 … 唐の時代に置かれた都護府の名。現在の新疆ウイグル自治区庫車クチャ
  • 王維 … 699?~761。盛唐の詩人。太原(山西省)の人。あざなきつ。ウィキペディア【王維】参照。
渭城朝雨浥輕塵
じょうちょう 軽塵けいじんうるお
  • 渭城 … 秦の都であった咸陽かんようを、漢代になって渭城と改めた。
  • 朝雨 … 朝の雨。
  • 浥 … うるおす。ぬらす。
  • 軽塵 … 軽く舞う土ぼこり。
客舍青青柳色新
客舎かくしゃ青青せいせい 柳色りゅうしょくあらたなり
  • 客舎 … 旅館。宿屋。
  • 青青 … 青々としているさま。「青青として」と読んでもよい。『全唐詩』には「一作依依」との注がある。
  • 柳色 … 青々とした柳の色。人との別れの際、柳の枝を輪にして贈る習慣があった。
  • 新 … (柳の葉が朝方の雨に洗われて)みずみずしく、鮮やかである。
  • 柳色新 … 『全唐詩』では「楊柳春」に作り、「一作柳色新」との注がある。
勸君更盡一杯酒
きみすすむ さらくせ 一杯いっぱいさけ
  • 君 … 元二を指す。
  • 更尽 … もう一杯飲みほしたまえ。
西出陽關無故人
西にしのかた 陽関ようかんずれば じんからん
  • 西 … 「にしのかた」と読み、「西に向かって」「また西のほうで」と訳す。
  • 陽関 … 関所の名。今の甘粛省敦煌県の西南にあった。
  • 出ずれば … 「でなば」と読んでもよい。
  • 故人 … 古くからの友人。日本語の「死んだ人」という意ではない。
唐詩選
巻一 五言古詩 巻二 七言古詩
巻三 五言律詩 巻四 五言排律
巻五 七言律詩 巻六 五言絶句
巻七 七言絶句 巻八 七言絶句
漢詩 詩人別
あ行 か行 さ行
た行 は行 ま行
や行 ら行