>   論語   >   季氏第十六   >   13

季氏第十六 13 陳亢問於伯魚章

433(16-13)
陳亢問於伯魚曰。子亦有異聞乎。對曰。未也。嘗獨立。鯉趨而過庭。曰。學詩乎。對曰。未也。不學詩。無以言。鯉退而學詩。他日又獨立。鯉趨而過庭。曰。學禮乎。對曰。未也。不學禮。無以立。鯉退而學禮。聞斯二者。陳亢退而喜曰。問一得三。聞詩聞禮。又聞君子之遠其子也。
陳亢ちんこう伯魚はくぎょいていわく、ぶんるか。こたえていわく、いまだし。かつひとつ。はしりてにわぐ。いわく、まなびたるか。こたえていわく、いまだし。まなばざれば、もっうことしと。退しりぞきて詩をまなぶ。じつまたひとつ。はしりてにわぐ。いわく、れいまなびたるか。こたえていわく、いまだし。れいまなばざれば、もっしと。退しりぞきてれいまなぶ。しゃけり。陳亢ちんこう退しりぞきてよろこんでいわく、いちいてさんたり。れいき、またくんとおざくるをけり。
現代語訳
  • 陳亢(コウ)が(先生の子の)伯魚にきく、「あなたはなにかめずらしいおはなしでも…。」返事 ――「ありませんね。いつかひとり立ってるとき、わたしが庭をとおってゆきました。すると、――『詩をならったか』って。『まだなんです』と答えると、――『詩をならわねば、はなしができん。』それからわたしは詩の本をならいました。ある日またひとり立ってるとき、わたしが庭をとおってゆきました。すると、――『礼をならったか』って。『まだなんです』と答えると、――『礼をならわねば、世に立ってゆけん』って。それからわたしは礼の本をならいました。わたしの聞いたのはこの二つです。」陳亢はあとでよろこんで、いった、「一つきいて三つおそわった。詩のこと、礼のこと、それから人物になると自分の子にもあまくないことをだ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 陳亢ちんこうが伯魚にたずねた。――
    「先生もあなたにだけは、何か私どもに対するとはちがった特別のご教訓をなさることでしょう」
    伯魚がこたえた。――
    「これまでには、まだこれといって特別の教えをうけたことはありません。ただ、いつでしたか、父が独りで立っていましたおり、私がいそいで庭先を通り過ぎようとしますと、私を呼びとめて、詩を学んだか、とたずねました。私が、まだとこたえますと、詩を学ばない人間は話相手にならぬ、と叱りました。それ以来私も詩を学ぶことにしています。またある日、父が一人で立っていました時、私がいそいで庭先を通り過ぎようとしますと、私をよびとめて、礼を学んだか、とたずねました。私が、まだとこたえますと、礼を学ばない人間は世に立つ資格がない、と叱りました。それ以来、私も礼を学ぶことにしています。私が父に特別に何かいわれたことがあるとすると、まずこの二つぐらいのことでしょう」
    陳亢は、伯魚と別れたあとで、よろこんでいった。――
    「きょうは一つのことをたずねて、三つのことをきくことができた。詩を学ぶことの大切さをきき、礼を学ぶことの大切さをきき、そして、君子は自分の子をあまやかすことがないということをきいたのだ(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 陳亢 … 孔子の弟子、子禽のこと。姓は陳、名はこう。子禽はあざな。孔子より四十歳年少の門人といわれているが、孔子の直弟子ではなく、子貢の弟子と思われる。
  • 伯魚 … 前532~前483。孔子の長男。名は、伯魚はあざな。子思の父。五十歳で孔子より先に死んだ。ウィキペディア【孔鯉】参照。
  • 異聞 … 特別に聞いた話。特別な教え。
補説
  • 陳亢 … 『史記』仲尼弟子列伝には記述なし。『孔子家語』七十二弟子解に「陳亢ちんこう陳人ちんひとあざなは子亢、いつあざなは子禽。孔子よりわかきこと四十歳」(陳亢陳人、字子亢、一字子禽。少孔子四十歳)とある。ウィキソース「孔子家語/卷九」参照。
  • 伯魚 … 『孔子家語』本姓解に「十九に至りて、宋の上官氏を娶る。伯魚を生む。魚の生るるや、魯の昭公、鯉魚を以て孔子に賜う。君のたまものほまれとし、故に因りて以て鯉と名づけ、伯魚とあざなす。魚、年五十、孔子に先だちて卒す」(至十九、娶於宋之上官氏。生伯魚。魚之生也、魯昭公以鯉魚賜孔子。榮君之貺故因以名鯉、而字伯魚。魚年五十、先孔子卒)とある。ウィキソース「家語 (四庫全書本)/卷09」参照。
  • 未也。不學詩 … 『義疏』では「未之。曰不學詩」に作る。
  • 無以言 … 『義疏』では「無以言也」に作る。
  • 聞斯二者 … 『義疏』では「聞斯二者矣」に作る。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十