>   論語   >   陽貨第十七   >   10

陽貨第十七 10 子謂伯魚曰章

444(17-10)
子謂伯魚曰。女爲周南召南矣乎。人而不爲周南召南。其猶正牆面而立也與。
伯魚はくぎょいていわく、なんじしゅうなんしょうなんまなびたるか。ひとにしてしゅうなんしょうなんまなばずんば、ただしくしょうめんしてつがごときか。
現代語訳
  • 先生が(子の)伯魚にむかって ――「おまえは(詩の本の)周南と召南を身につけたかね。人間は周南・召南を身につけなかったら、まるでカベに顔をつきあわせたようなものだな。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師が子息の伯魚にいわれた。
    「お前はしゅうなんしょうなんの詩を研究してみたのか。この二つの詩がわからなければ、人間も土塀に鼻つきつけて立っているようなものだがな」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 伯魚 … 前532~前483。孔子の長男。名は、伯魚はあざな。子思の父。五十歳で孔子より先に死んだ。ウィキペディア【孔鯉】参照。
  • 周南・召南 … 『詩経』国風の冒頭の二篇。ウィキペディア【詩経】参照。
  • 為 … ここでは「まなぶ」と読む。学ぶ。習う。勉強する。
補説
  • 伯魚 … 『孔子家語』本姓解に「十九に至りて、宋の上官氏を娶る。伯魚を生む。魚の生るるや、魯の昭公、鯉魚を以て孔子に賜う。君のたまものほまれとし、故に因りて以て鯉と名づけ、伯魚とあざなす。魚、年五十、孔子に先だちて卒す」(至十九、娶於宋之上官氏。生伯魚。魚之生也、魯昭公以鯉魚賜孔子。榮君之貺故因以名鯉、而字伯魚。魚年五十、先孔子卒)とある。ウィキソース「家語 (四庫全書本)/卷09」参照。
  • 女 … 『義疏』では「汝」に作る。
  • 召 … 『義疏』では「邵」に作る。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十