>   論語   >   子張第十九   >   25

子張第十九 25 陳子禽謂子貢曰章

496(19-25)
陳子禽謂子貢曰、子爲恭也。仲尼豈賢於子乎。子貢曰、君子一言以爲知、一言以爲不知。言不可不慎也。夫子之不可及也、猶天之不可階而升也。夫子之得邦家者、所謂立之斯立、道之斯行、綏之斯來、動之斯和。其生也榮、其死也哀。如之何其可及也。
ちんきんこういていわく、きょうすなり。ちゅうよりもまさらんや。こういわく、くん一言いちげんもっし、一言いちげんもっ不知ふちす。げんつつしまざるべからざるなり。ふうおよぶべからざるや、てんかいしてのぼるべからざるがごときなり。ふうほうんには、所謂いわゆるこれつればここち、これみちびけばここき、これやすんずればここきたり、これうごかせばここやわらぐ。くるやさかえ、するやかなしむ。これ如何いかんおよぶべけんや。
現代語訳
  • 陳子禽が子貢にむかって ――「あなたはへりくだりすぎます。孔さんがどうしてあなた以上でしょうか。」子貢 ――「人間はひとことでわけ知りにされ、ひとことでわからず屋にもされる。ことばをつつしまなくてはいけない。孔先生のまねができないのは、天にハシゴをかけてのぼれないようなものだ。先生がもし国を手がけられたら、それこそ『くらしが立って、ゆく道をゆき、やすらぎなつき、はげみたのしむ。生きてはほまれ、死んではおしまれ。』だろう。どうしてまねができるものか。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • ちんきんが子貢にいった。――
    「あなたはご謙遜が過ぎます。仲尼先生といえどもあなた以上だとは私には思えません」
    すると子貢がいった。――
    「君子は一言で知者ともいわれ、一言で愚者ともいわれる。だから、口はうっかりきくものではない。先生が、われわれのとうてい及びもつかない方であられるのは、ちょうど天に梯子をかけて登れないのと同じようなものだ。もし先生が国家を治める重任につかれたら、それこそ古語にいわゆる、『これを立つればここに立ち、これを導けばここに行なわれ、これを安んずればここに来たり、これを動かせばここに和らぐ。その生や栄え、その死やかなしむ』とある通り、民生もゆたかになり、道義も作興し、人民は帰服して平和を楽しみ、先生のご存命中はその政治をたたえ、亡くなられたらその徳を慕うて心から悲しむだろう。とても、とても、私などの及ぶところではないのだ」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 陳子禽 … 姓は陳、名はこう。子禽はあざな。孔子より四十歳年少の門人といわれているが、孔子の直弟子ではなく、子貢の弟子と思われる。
  • 子貢 … 前520~前446。姓は端木たんぼく、名は。子貢はあざな。衛の人。孔子より三十一歳年少の門人。孔門十哲のひとり。弁舌・外交に優れていた。ウィキペディア【子貢】参照。
  • 為恭 … 謙遜する。
  • 仲尼 … 孔子のあざな
  • 夫子 … 賢者・先生・年長者を呼ぶ尊称。ここでは孔子の弟子たちが孔子を呼ぶ尊称。
  • 階 … はしごをかけること。
  • 邦家 … 諸侯や卿大夫となって国を治めること。
  • 綏 … 安んじる。
補説
  • 陳子禽 … 『史記』仲尼弟子列伝には記述なし。『孔子家語』七十二弟子解に「陳亢ちんこう陳人ちんひとあざなは子亢、いつあざなは子禽。孔子よりわかきこと四十歳」(陳亢陳人、字子亢、一字子禽。少孔子四十歳)とある。ウィキソース「孔子家語/卷九」参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十