>   論語   >   子路第十三   >   5

子路第十三 5 子曰誦詩三百章

307(13-05)
子曰。誦詩三百。授之以政不達。使於四方。不能專對。雖多亦奚以爲。
わく、三百さんびゃくしょうすれども、これさずくるにまつりごともってしてたっせず。四方しほう使つかいして専対せんたいすることあたわずんば、おおしといえどなにもっさん。
  • 下村湖人(1884~1955)は「先師がいわれた。詩経にある三百篇の詩をそらんずることができても、政治をゆだねられて満足にその任務が果たせず、諸侯の国に使して自分の責任において応対ができないというようでは、なんのためにたくさんの詩を暗んじているのかわからない」と訳している(現代訳論語)。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十