>   論語   >   季氏第十六   >   12

季氏第十六 12 齊景公有馬千駟章

432(16-12)
〔誠不以富。亦祇以異。〕 齊景公有馬千駟。死之日。民無徳而称焉。伯夷叔齊。餓于首陽之下。民到于今称之。其斯之謂與。
まこととみもってせず、もってす。〕 せい景公けいこうにはうませんり。するのたみとくとしてしょうするし。はくしゅくせい首陽しゅようもとう。たみいまいたるまでこれしょうす。これいか。
現代語訳
  • 斉(セイ)の景(殿)さまは馬を四千頭も持っていたが、なくなったあと、人民がほめるような点はなかった。伯夷・叔斉(セイ)は、首陽山にうもれてうえ死にしたが、人民は今でもほめそやす。……あれはこのことをいうんだな。(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師がいわれた。――
    「斉の景公は馬四千頭を養っていたほど富んでいたが、その死にあたって、人民はだれ一人としてその徳をたたえるものがなかった。伯夷叔斉は首陽山のふもとで飢え死にしたが、人民は今にいたるまでその徳をたたえている。詩経に、
      黄金も玉も何かせん
      心ばえこそ尊けれ。
    とあるが、そういうことをいったものであろう」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 誠不以富。亦祇以異 … 錯簡さっかん(文章が入れ違っていること)。「顔淵第十二10」から移植。
  • 斉 … 周代に太公望りょしょうの建てた国。今の山東省に存在した。桓公の代に管仲を用いて覇者となった。ウィキペディア【斉 (春秋)】参照。
  • 景公 … 春秋時代、斉の君主。在位前547~前490。霊公の子、荘公の弟。名はしょきゅう。ウィキペディア【景公 (斉)】参照。
  • 伯夷・叔斉 … 周初の賢人兄弟。父が弟の叔斉を跡継ぎにしようとしたが、叔斉は兄の伯夷に譲ろうとし、ついに二人とも国を去り、文王を慕って周に行った。しかし、周の武王が殷のちゅう王を討ったことを、不義であると諫言した。さらに周の穀物を食することを拒み、二人とも首陽山に入って餓死した。清潔・正義の人の代表とされる。ウィキペディア【伯夷・叔斉】参照。
補説
  • 民無徳 … 『義疏』では「民無得」に作る。
  • 而称焉 … 『義疏』に「而」の字なし。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十