>   論語   >   陽貨第十七   >   9

陽貨第十七 9 子曰小子何莫學夫詩章

443(17-09)
子曰。小子何莫學夫詩。詩可以興。可以觀。可以羣。可以怨。邇之事父。遠之事君。多識於鳥獣草木之名。
わく、しょうなんまなぶこときや。もっおこすべく、もっるべく、もっぐんすべく、もっうらむべし。これちかくしてはちちつかえ、これとおくしてはきみつかう。おお鳥獣ちょうじゅう草木そうもくる。
現代語訳
  • 先生 ――「若い人たちはなぜ詩をならわないんだろう。詩は心をかき立て、ものを見きわめさせ、人びとをまとまらせ、世をうらませもする。身近では父につかえ、やがては君につかえさせる。鳥・けものや草・木の名もいろいろおぼえられる。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 先師が門人たちにいわれた。――
    「お前たちはどうして詩経を学ぼうとしないのか。詩は人間の精神にいい刺戟を与えてくれる。人間に人生を見る眼を与えてくれる。人とともに生きるこころを培ってくれる。また、怨み心を美しく表現する技術をさえ教えてくれる。詩が真に味わえてこそ、近くは父母に仕え、遠くは君に仕えることもできるのだ。しかも、われわれは、詩をよむことによって、鳥獣草木のような自然界のあらゆるものに親しむことまでできるのではないか」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 小子 … 諸君。お前たちよ。先生が門人に呼びかける言葉。
  • 詩 … 『詩経』。ウィキペディア【詩経】参照。
  • 興 … 比喩を用いて表現する。または、感奮興起する。
  • 邇 … 近い。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十