>   論語   >   季氏第十六   >   14

季氏第十六 14 邦君之妻章

434(16-14)
邦君之妻。君稱之曰夫人。夫人自稱曰小童。邦人稱之曰君夫人。稱諸異邦。曰寡小君。異邦人稱之。亦曰君夫人。
邦君ほうくんつまきみこれ称ししょうじんい、じんみずかしょうしてしょうどうう。邦人ほうじんこれしょうしてくんじんう。これほうしょうして、しょうくんう。ほうひとこれしょうして、くんじんう。
現代語訳
  • 殿さまの妻を、殿さまは「奥」という。奥がたは自分を「わらわ」という。人民がよぶときは「奥がたさま」という。ほかの国にたいしていうときは、「小殿さま」という。ほかの国の人がよぶときにも、「奥がたさま」という。(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 国君の妻は、国君が呼ぶ時には「夫人」といい、夫人みずから呼ぶ時には「小童」といい、国内の人が呼ぶ時には「君夫人」といい、外国に対しては「寡小君」といい、外国の人が呼ぶ時にはやはり「君夫人」という。(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 邦君 … 諸侯。一国の君主。
  • 小童 … 諸侯の夫人が自分を謙遜していう言葉。
  • 異邦 … 外国。
  • 寡小君 … 外国に対し、自分の君主の夫人を謙遜していう言葉。
補説
  • 亦曰君夫人 … 『義疏』では「亦曰君夫人也」に作る。
  • この章について、宮崎市定は「論語を記した門人のメモが誤って混入したか、或いは後世になって別の断簡が混入したものであろう」と推測している(『論語の新研究』)。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十