>   論語   >   顔淵第十二   >   21

顔淵第十二 21 樊遅從遊於舞雩之下章

299(12-21)
樊遅從遊於舞雩之下。曰。敢問崇徳。脩慝。辨惑。子曰。善哉問。先事後得。非崇徳與。攻其惡。無攻人之惡。非脩慝與。一朝之忿。忘其身以及其親。非惑與。
はんしたがいて舞雩ぶうもとあそぶ。わく、あえとくたっとび、とくおさめ、まどいをべんずるをう。わく、いかないや。ことさきにしてるをのちにす。とくたっとぶにあらずや。あくめ、ひとあくめず。とくおさむるにあらずや。いっちょう忿いかりにわすれ、もっしんおよぶ。まどいにあらずや。
現代語訳
  • 樊遅(ハンチ)がお供をして雨ごい台のあたりに出かけ、 ―― 「おうかがいしますが、徳を高め、悪意を去り、迷いを解くみちは…。」先生 ――「いい質問だなあ。しごとを先、ソロバンをあとにするのが、徳を高めるみちだろうよ。自分の落ちどをせめ、人の落ちどをせめないのが、悪意を去るみちだろうよ。一時の腹だちに身をも忘れ、肉親まで巻きこむのは、迷いだろうよ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • はんが先師のお伴をして舞雩ぶうのほとりを散歩していた。彼はたずねた。――
    「生意気なおたずねをするようですが、徳を高め、心の奥深くひそんでいる悪をのぞき、迷いを解くには、どうしたらよろしゅうございましょうか」
    先師がこたえられた。――
    「大事な問題だ。為すべき事をどしどしかたづけて、損得をあとまわしにする。これが徳を高くする道ではないかね。自分の悪をせめて他人の悪をせめない。これが心に巣喰っている悪をのぞく道ではないかね。一時の腹立ちで自分を忘れ、わざわいを近親にまで及ぼす。これが迷いというものではないかね」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 樊遅 … 孔子の弟子。姓は樊、名はしゅあざな子遅しち。魯の人。孔子より36歳年少。『史記』仲尼弟子ていし列伝には「樊須はんしゅあざなは子遅。孔子よりわかきこと三十六歳」(樊須字子遲。少孔子三十六歳)とある。
  • 舞雩 … 雨乞いをするときの、舞を舞う祭壇。
余説
  • 無攻人之悪 … 『義疏』では「毋攻人之悪」に作る。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十