>   論語   >   顔淵第十二   >   22

顔淵第十二 22 樊遅問仁章

300(12-22)
樊遅問仁。子曰。愛人。問知。子曰。知人。樊遅未達。子曰。舉直錯諸枉。能使枉者直。樊遅退。見子夏曰。郷也吾見於夫子而問知。子曰。舉直錯諸枉。能使枉者直。何謂也。子夏曰。富哉言乎。舜有天下。選於衆。舉皐陶。不仁者遠矣。湯有天下。選於衆。舉伊尹。不仁者遠矣。
はんじんう。いわく、ひとあいす。う。いわく、ひとる。はんいまたっせず。いわく、なおきをげてこれまがれるにき、まがれるものをしてなおからしむ。はん退しりぞき、子夏しかいわく、さきわれふうまみえてうに、いわく、なおきをげてこれまがれるにき、まがれるものをしてなおからしむ、と。なんいぞや。子夏しかいわく、めるかなげんや。しゅんてんたもち、しゅうよりえらんで皐陶こうようぐれば、仁者じんしゃとおざかる。とうてんたもち、しゅうよりえらんで伊尹いいんぐれば、仁者じんしゃとおざかれり。
現代語訳
  • 樊遅(ハンチ)が人の道をきく。先生 ――「人を愛することだ。」チエについてきく。先生 ――「人を知ることだ。」樊遅にはのみこめない。先生 ――「まっすぐなのをまがったのにのせると、まがったのをまっすぐにできる。」樊遅はあとで、子夏に会っていう、 ―― 「先日、わたしは先生にお目にかかってチエのことをおききすると、先生は、『まっすぐなのをまがったのにのせると、まがったのをまっすぐにできる』とのこと。どんな意味でしょう…。」子夏 ―― 「ふくみがあるね、そのことばは。舜帝の世には、多くの人のなかから、皐陶(コウヨウ)を取りたてたので、悪人どもがひっこんだ。湯王の世には、多くの人のなかから伊尹(イイン)を取りたてたので、悪人どもがひっこんだ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • はんが仁の意義をたずねた。先師はこたえられた。
    「人間を愛することだ」
    樊遅がさらに知の意義をたずねた。先師はこたえられた。――
    「人間を知ることだ」
    樊遅はまだよくのみこめないでいた。すると先師がいわれた。――
    「まっすぐな人を挙用して、まがった人の上におくと、まがった人も自然に正しくなるものだ」
    樊遅は室を出たが、子夏を見るとすぐたずねた。――
    「さきほど、私は先生にお会いして、知についておたずねしました。すると先生は、まっすぐな人を挙用して、まがった人の上におくと、まがった者も自然に正しくなる、といわれましたが、これはどういう意味でございましょうか」
    子夏がこたえた。――
    「含蓄の深いお言葉だ。昔、舜帝が天下を治めた時、衆人の中から賢人皐陶こうようを挙げて宰相に任じたら、不仁者がすがたをひそめたのだ。また殷のとう王が天下を治めた時、衆人の中から賢人いんを挙げて宰相に任じたら、不仁者がすがたをひそめたのだ」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 樊遅 … 孔子の弟子。姓は樊、名はしゅあざな子遅しち。魯の人。孔子より三十六歳年少。
  • 未達 … まだよく理解できなかった。「未」は再読文字。「いまだ~せず」と読み、「まだ~しない」と訳す。
  • 挙直 … 正しい人間を抜擢し登用する。「直」は正直な人。
  • 錯諸枉 … 正しい人間をよこしまな人間の上位に置く。「錯」は置く。「諸」はここでは「直」を指す。「枉」はまがる。
  • 諸 … 「これ」と読み、「これを~に」と訳す。「之於しお」の二字を合わせて一字にしたもので、「錯之於枉」と書いた場合と同じ。
  • 使枉者直 … まがった人間をまっすぐにすることができる。「使~…」は使役の形。「~をして…せしむ」と読み、「~に…させる」と訳す。
  • 子夏 … 姓はぼく、名は商、あざなは子夏。孔子より四十四歳年少。孔門十哲のひとり。「文学には子游・子夏」といわれ、子游とともに文章・学問に優れていた。ウィキペディア【子夏】参照。
  • 郷 … さきほど。
  • 見於夫子 … 先生にお目にかかって。「夫子」は孔子の弟子たちが、孔子を呼ぶ尊称。
  • 何謂也 … どういう意味でしょうか。「謂」は「いい」と読み、意味のこと。
  • 富哉言乎 … なんと内容が豊かなものだろう、先生のお言葉は。「言乎富哉」を倒置した言い方。
  • 舜有天下 … 舜帝が天下を治めたとき。「有」は「たもつ・もつ」と読む。「舜」については、ウィキペディア【】参照。
  • 選於衆 … 多くの人びとの中から選んで。
  • 皐陶 … 舜帝の臣。司寇しこう(司法長官)として功績があった。
  • 湯 … 湯王。殷王朝初代の王。ウィキペディア【天乙】参照。
  • 伊尹 … 湯王に抜擢されて殷の宰相となった人物。ウィキペディア【伊尹】参照。
補説
  • 樊遅 … 『史記』弟子伝には「樊須はんしゅあざなは子遅。孔子よりわかきこと三十六歳」(樊須字子遲。少孔子三十六歳)とある。ウィキソース「史記/卷067」参照。
  • 郷 … 『義疏』では「嚮」に作る。
  • 富哉言乎 … 『義疏』では「富哉是言乎」に作る。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十