>   論語   >   顔淵第十二   >   20

顔淵第十二 20 子張問士章

298(12-20)
子張問。士何如斯可謂之達矣。子曰。何哉。爾所謂達者。子張對曰。在邦必聞。在家必聞。子曰。是聞也。非達也。夫達也者。質直而好義。察言而觀色。慮以下人。在邦必達。在家必達。夫聞也者。色取仁而行違。居之不疑。在邦必聞。在家必聞。
ちょうう。何如いかなるをこここれたつうべきか。いわく、なんぞや。なんじ所謂いわゆるたつとは。ちょうこたえていわく、くにりてもかならこえ、いえりてもかならこゆ。いわく、ぶんなり。たつあらざるなり。たつなるものは、しっちょくにしてこのみ、げんさっしていろはかりてもっひとくだる。くにりてもかならたっし、いえりてもかならたっす。ぶんなるものは、いろじんりて、おこないはたがい、これりてうたがわず。くにりてもかならこえ、いえりてもかならこゆ。
現代語訳
  • 子張がきく、「学者はどんなだったら、それで完成といえるでしょうか。」先生 ――「どんななんだ、きみのいう完成は。」子張の答え ―― 「国においても評判、家においても評判になること。」先生 ――「それは評判であって、完成ではない。いったい完成というのは、ひがみがなくて正しさをこのみ、人のことばや顔つきに気をつけ、考えぶかくつつましくて、国においても完成、家においても完成している。ところが評判というのは、人道の見せかけで行動はちがい、そのまま自分をあざむいて、国でも評判、家でも評判になるんだ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 子張がたずねた。――
    「学問に励みますからには、いわゆる達人といわれる境地にまで進みたいと思いますが、そのというのは、いったいどういうことなのでしょう」
    先師がいわれた。――
    「お前はどう思うかね、その達というのは」
    子張がこたえた。
    「公生活においても、私生活においても、第一流の人だといわれるようになることだろうと存じますが――」
    先師――
    「それは名聞みょうもんというものだ。達ではない。達というのは、質実朴直で正義を愛し、人言にまどわされず、顔色にあざむかれず、思慮深く、しかも謙遜で、公生活においても、私生活においても、内容的に充実することなのだ。名聞だけのことなら、実行のともなわない人でも、表面仁者らしく見せかけ、みずからあやしみもせず、平然としてやっておれば、公私ともなんとかごまかせることもあるだろう。しかしそんな無内容なことでは、断じて達人とはいえないのだ」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 子張 … 前503~?。孔子の弟子。姓は顓孫せんそん、名は師、あざなは子張。陳の人。孔子より四十八歳年少。ウィキペディア【子張】参照。
  • 質直 … 飾りけがなく真面目、正直である。質朴。
補説
  • 達矣 … 『義疏』に「矣」の字なし。
  • 爾所謂達者 … 『義疏』では「爾所謂者達矣」に作る。
  • 夫達也者 … 『義疏』では「夫達者」に作る。
  • 夫聞也者 … 『義疏』では「夫聞者」に作る。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十