>   論語   >   子路第十三   >   19

子路第十三 19 樊遅問仁子曰居處恭章

321(13-19)
樊遅問仁。子曰。居處恭。執事敬。與人忠。雖之夷狄。不可棄也。
はんじんう。いわく、居処きょしょするにうやうやしく、ことるにつつしみ、ひとまじわりてちゅうならば、てきくといえども、つべからざるなり。
現代語訳
  • 樊遅(ハンチ)が人の道をきく。先生 ――「ふだんもキチンとしていて、しごとは注意ぶかく、人にもよくするのは、どんな未開国でも、だいじなことだな。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • はんが仁についてたずねた。先師がこたえられた。――
    「休息している時にもだらけた風をしない、執務の時には仕事に魂をぶちこむ、人と交わっては誠実を旨とする。この三つのことを、時処のいかんをとわず、たとえば野蛮国に行っても忘れないようにするがいい」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 樊遅 … 孔子の弟子。姓は樊、名はしゅあざな子遅しち。魯の人。孔子より三十六歳年少。
補説
  • 樊遅 … 『史記』弟子伝には「樊須はんしゅあざなは子遅。孔子よりわかきこと三十六歳」(樊須字子遲。少孔子三十六歳)とある。ウィキソース「史記/卷067」参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十