>   論語   >   雍也第六   >   20

雍也第六 20 樊遅問知章

139(06-20)
樊遅問知。子曰。務民之義。敬鬼神而遠之。可謂知矣。問仁。曰。仁者先難而後獲。可謂仁矣。
はんう。いわく、たみつとめ、しんけいしてこれとおざく。うべし。じんう。いわく、仁者じんしゃかたきをさきにしてるをのちにす。じんうべし。
現代語訳
  • 樊遅(ハンチ)がチエのことをきく。先生 ――「人間の義務をつくし、神をうやまうが頼らないのは、チエがあるといえるね。」人道をきく。先生 ――「なさけのある人が、難題を先にし利益をあとにするのは、人道的といえるね。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • はんが知について先師の教えを乞うた。先師がこたえられた。――
    「ひたすら現実社会の人倫の道に精進して、超自然界の霊は敬して遠ざける、それを知というのだ」
    樊遅はさらに仁について教えを乞うた。先師がこたえられた。――
    「仁者は労苦を先にして利得を後にする。仁とはそういうものなのだ」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 樊遅 … 孔子の弟子。姓は樊、名はしゅあざな子遅しち。魯の人。孔子より三十六歳年少。
  • 知 … 知恵。または知者の行い。
  • 民之義 … 『集解』では「民を化道する所以の義を務めよ」(務所以化道民之義)とし、「為政者として人民を教化することについての道理」と解釈している。『集注』では「民も亦た人なり」(民亦人也)とし、「人間として行なうべき道理」と解釈している。
  • 敬 … あがめうやまう。崇敬する。
  • 鬼神 … 祖先の神霊。神々。
  • 遠之 … 一定の距離をおいた存在として扱う。れ近づいてご利益りやくを求めない。
  • 曰。仁者 … 『義疏』では「子曰。仁者」に作る。
  • 先難而後獲 … 『集解』に「先ず労苦して、後に功を得」(先勞苦而後得功)とある。『集注』では「難きを先にして、獲ることを後にす」と読んでいる。
  • 獲 … 得る。利益。
補説
  • 樊遅 … 『史記』弟子伝には「樊須はんしゅあざなは子遅。孔子よりわかきこと三十六歳」(樊須字子遲。少孔子三十六歳)とある。ウィキソース「史記/卷067」参照。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十