>   論語   >   子路第十三   >   4

子路第十三 4 樊遅請學稼章

306(13-04)
樊遅請學稼。子曰。吾不如老農。請學爲圃。曰。吾不如老圃。樊遅出。子曰。小人哉。樊須也。上好禮。則民莫敢不敬。上好義。則民莫敢不服。上好信。則民莫敢不用情。夫如是。則四方之民。襁負其子而至矣。焉用稼。
はんまなばんとう。わく、われ老農ろうのうかず。つくることをまなばんとう。わく、われ老圃ろうほかず。はんず。わく、しょうじんなるかな樊須はんすや。かみれいこのめば、すなわたみあえけいせざるし。かみこのめば、すなわたみあえふくせざるし。かみしんこのめば、すなわたみあえじょうもちいざるし。くのごとくならば、すなわ四方しほうたみ襁負きょうふしていたらん。いずくんぞもちいん。
  • 樊遅 … 孔子の弟子。姓は樊、名はしゅあざな子遅しち。魯の人。孔子より36歳年少。『史記』仲尼弟子ていし列伝には「樊須はんしゅあざなは子遅。孔子よりわかきこと三十六歳」(樊須字子遲。少孔子三十六歳)とある。
  • 下村湖人(1884~1955)は「はんが穀物の作り方を教えていただきたいと先師に願った。先師はこたえられた。私は老農には及ばないよ。樊遅は、すると、野菜の作り方を教えていただきたいと願った。先師はこたえられた。私は老園芸家には及ばないよ。樊遅がひきさがると、先師はいわれた。樊須はんすは人物が小さい。上に立つ者が礼を好めば、人民が上を敬しないことはない。上に立つ者が義を好めば、人民が上に服しないことはない。上に立つ者が信を好めば、人民が不人情になることはない。そして、そうなれば、人民はその徳を慕い、四方の国々から子供をおぶって集ってくるであろう。為政者に農業技術の知識などなんの必要もないことだ」と訳している(現代訳論語)。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十