>   論語   >   顔淵第十二   >   10

顔淵第十二 10 子張問崇徳辨惑章

288(12-10)
子張問崇德辨惑。子曰。主忠信徙義。崇德也。愛之欲其生。惡之欲其死。既欲其生。又欲其死。是惑也。〔誠不以富。亦祇以異。〕
ちょうとくたっとまどいをべんずるをう。いわく、ちゅうしんしゅとし、うつるは、とくたかくするなり。これあいしてはせいほっし、これにくんではほっす。すでせいほっし、またほっす。まどいなり。〔まこととみもってせず。もってす。〕
現代語訳
  • 子張がたしなみと分別をきく。先生 ――「まごころをもって、よいことをするのが、たしなみなんだ。愛すれば、生きてほしいと思い、にくめば、死んじまえと思うが…。生きてほしいと思ったものが、死んじまえと思うのは、分別がないんだ。『ゆたかどころか、気まぐれものよ』じゃ。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 子張がたずねた。――
    「徳を高くして、迷いを解くには、いかがいたしたものでございましょうか」
    先師がこたえられた。――
    「誠実と信義を旨とし、たゆみなく正義の実践に精進するがよい。それが徳を高くする道だ。迷いは愛憎の念にはじまる。愛してはその人の生命の永からんことを願い、憎んではその人の死の早からんことを願う。なんというおそろしい迷いだろう。愛憎の超克、これが迷いを解く根本の道だ」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 子張 … 前503~?。孔子の弟子。姓は顓孫せんそん、名は師、あざなは子張。陳の人。孔子より四十八歳年少。ウィキペディア【子張】参照。
  • 誠不以富。亦祇以異 … 錯簡さっかん(文章が入れ違っていること)。「季氏第十六12」へ移動。
補説
  • 愛之欲其生 … 『義疏』では「愛之欲其生也」に作る。
  • 悪之欲其死 … 『義疏』では「悪之欲其死也」に作る。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十