>   論語   >   先進第十一   >   19

先進第十一 19 子張問善人之道章

272(11-19)
子張問善人之道。子曰。不踐迹。亦不入於室。
ちょう善人ぜんにんみちう。いわく、あとまざれば、しつらず。
現代語訳
  • 子張が善人の道をきく。先生 ――「人まねで歩きはしないが、奥まで通ることもないね。」(魚返おがえり善雄『論語新訳』)
  • 子張がたずねた。――
    「天性善良な人は、別に学問などしなくても、自然に道に合するようになる、というようにも考えられますが、いかがでしょう」
    先師がこたえられた。――
    「どうにか危険のない道を進むことはできるかもしれない。しかし、せっかく先人に開拓してもらったすばらしい道があるのに、その道を歩かないというのは惜しいことだ。それに、第一、そんな自己流では、しょせん、道の奥義をつかむことは出来ないだろう」(下村湖人『現代訳論語』)
語釈
  • 子張 … 前503~?。孔子の弟子。姓は顓孫せんそん、名は師、あざなは子張。陳の人。孔子より四十八歳年少。ウィキペディア【子張】参照。
  • 践迹 … 古人の歩いた道をそのまま真似る。
  • 不入於室 … 聖人の道の深い境地に達しない。
補説
  • 善人 … 『集注』に「善人は、質美しくして未だ学ばざる者なり」(善人、質美而未學者也)とある。
  • 践迹 … 『集解』に引く孔安国の注に「践は、循なり。言うこころは善人は但だ旧迹を循追せざるのみ。亦た少しく能く創業す。然れども亦た聖人の奥室に入らず」(踐、循也。言善人不但循追舊迹而已。亦少能創業。然亦不入於聖人之奧室)とある。
学而第一 為政第二
八佾第三 里仁第四
公冶長第五 雍也第六
述而第七 泰伯第八
子罕第九 郷党第十
先進第十一 顔淵第十二
子路第十三 憲問第十四
衛霊公第十五 季氏第十六
陽貨第十七 微子第十八
子張第十九 堯曰第二十